ホーム > 第15 回天然薬物研究方法論アカデミー
第15回天然薬物研究方法論アカデミー
研究室メンバー専用

お問い合わせ・連絡先

東邦大学薬学部
生薬学教室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666

第15回天然薬物研究方法論アカデミー 千葉船橋シンポジウム 案内

 
日時 2012年8月18日(土)~ 19日(日)
会場 クロス・ウェーブ船橋
〒273-0005 千葉県船橋市本町 2-9-3
TEL: 047-436-0111/FAX: 047-436-0112
主催 天然薬物研究方法論アカデミー
開催内容 天然薬物研究の方法論を話し合う会として発足し,参加者は宿泊して研究についての話し合いが行われる。
※ 薬剤師研修受講シール発行

会場【クロス・ウェーブ船橋】サイトへ

プログラム

8月18日(土)

会長講演 【13:00-13:30】
回顧25年 (帝京平成大学薬学部・前教授)鈴木重紀
基調講演 【13:30-14:30】
サイエンス漢方処方学概論(静仁会静内病院・院長)井齋偉矢
シンポジウム1 【15:00-16:40】    
             
  1. 薬用植物の施設園芸的生産とその将来性
    (千葉大学環境健康フィールド科学センター・准教授)渡辺均         
  2. 煎じ薬の抽出効率に関する研究
    (千葉大学環境健康フィールド科学センター・助教)角野めぐみ       
特別講演1 【17:00-18:00】
臨床における様々な研究デザイン:漢方のエビデンスを求めて
(つるかめ診療所・所長、自治医科大学地域医療学センター・非常勤講師)鶴岡浩樹
イブニングセミナー 【20:00-21:30】        
             
  1. 自動皮膚抵抗測定装置AMSATを使用した処方決定の試み
    (永津会・永津さいとう医院・院長)木元博史         
  2. 気診による漢方薬の選び方
    (高輪エアルクリニック・歯科医)小倉左羅       
     

8月19日(日)

シンポジウム2 【9:00-10:40】    
             
  1. 漢方方剤の構成生薬・成分へのオミクス科学の応用
    (千葉大学大学院薬学研究院・准教授)山崎真巳
  2. 和漢薬理論でうつ病の基礎研究に切り込む:うつ病の細分化、分子機序の解明、新規治療薬の開発をめざして
    (富山大学和漢医薬学総合研究所複合薬物薬理学分野・准教授)東田道久
特別講演2 【11:00-12:00】
腸管免疫性疾患に対する和漢薬からのアプローチ
(富山大学和漢医薬学総合研究所消化管生理学分野・教授) 門脇 真

懇親会

8月18日(土)18:00~20:00 (於 同会場)

参加申込

参加申込

氏名、所属、住所、e-mail、℡、懇親会参加の有無、宿泊の有無を明記して、e-mailまたはfaxで下記宛てにお申し込みください。

事前参加登録締切

7月2日(月)      ー>  7月21日(土)(延長しました)

参加費(括弧内は当日)

学会参加費
  • 2日間10,000 円(12,000円)
  • 1日間 6,000円(8,000円)
  • 懇親会費 5,000円(6,000円)
  • 宿泊費(朝食込) 8,500円(事前登録のみ)
尚、学生は全て半額となります。

問合・申込先

第15回天然薬物研究方法論アカデミー
千葉船橋シンポジウム事務局

 

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
東邦大学薬学部生薬学教室 小池一男
E-mail: tha15(アットマーク@)phar.toho-u.ac.jp
TEL: 047-472-1396 / FAX: 047-472-1404

東邦大学薬学部生薬学教室のサイトへ