HOME > アルバム > 日本薬学会第135年会 シンポジウム(神戸)

日本薬学会第135年会 シンポジウム(神戸)

日本薬学会第135年会(2015年3月25日~28日、神戸)において「老化研究の分子生物学的アプローチ:心肺脳」と題したシンポジウムが開催された。はじめに、オーガナイザーから「老化研究の最近の動向と開催趣旨」の説明が行われた。次に、刀坂泰史先生(静岡県大薬)から「心筋細胞内核内情報伝達機構の老性変化」と題し、加齢性心肥大における核内シグナル伝達機構についての講演が行われた。木澤靖夫先生(日本大薬)からは「難治性呼吸器疾患と老化」と題し、ステロイド感受性低下の分子機構などについての講演が行われた。森望先生(長崎大医)からは「寿命遺伝子から探る老化脳機能制御」と題し、寿命関連遺伝子の観点から老化脳の機能維持と保護の分子基盤についての講演が行われた。最後に、オーガナイザーの森本達也先生(静岡県大薬)により「分子生物学的老化研究の薬学における将来展望と課題」についての講演が行われた。(世話人:髙橋良哉、東邦大学薬学部)
一般シンポジウムS19 プログラム

一般シンポジウムS19 プログラム

薬事日報(2015年3月20日、第11550号)記事

薬事日報(2015年3月20日、第11550号)記事

髙橋良哉(東邦大学薬学部生化学教室/世話人・オーガナイザー)

髙橋良哉(東邦大学薬学部生化学教室/世話人・オーガナイザー)

刀坂泰史先生(静岡県立大学薬学部分子病態学分野)

刀坂泰史先生(静岡県立大学薬学部分子病態学分野)

木澤靖夫先生(日本大学薬学部機能形態学研究室)

木澤靖夫先生(日本大学薬学部機能形態学研究室)

森望先生(長崎大学医学部解剖学第一教室)

森望先生(長崎大学医学部解剖学第一教室)

森本達也先生(静岡県立大学薬学部分子病態学分野/オーガナイザー)

森本達也先生(静岡県立大学薬学部分子病態学分野/オーガナイザー)

シンポジウム会場(1)

シンポジウム会場(1)

シンポジウム会場(2)

シンポジウム会場(2)