トップページ
受講者専用
保全生態学研究室ブログ
TREE seminar
フェイスブック 湿地と草原の自然再生
秋の草原調査会

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
生命圏環境科学科
保全生態学研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
Phone&Fax. 047-472-3512
jun.nishihiro[at]env.sci.toho-u.ac.jp (西廣)

東邦大学 理学部 生命圏環境科学科 保全生態学研究室

保全生態学研究室のコンセプト

“自然再生の時代”を支える科学
20世紀後半は、地球上のさまざまな場所の生物多様性が低下し、自然の恵みが失われる、「自然喪失の時代」でした。しかし近年、より快適で持続的な社会に向け、その基盤となる生物多様性を保全する取り組みや、人と自然の関係を見直す取り組みが各地で始まっています。私たちは、「自然再生の時代」を支える科学をめざし、河川、湖沼、草原、里山などの身近な自然をフィールドに、保全生態学の研究を進めています。私たちの目標は、公平で持続可能な社会の構築に向けた生態学からの貢献です。

更新情報

16 Nov 2017 市民フォーラム「里山グリーンインフラの可能性」の情報を掲載しました。
09 Nov 2017 学生の研究業績を更新しました
01 Nov 2017 研究業績など、多くを更新しました
07 Jul 2017 メディア報道の内容に追記しました
18Jun2017 研究業績、活動実績、学生の研究業績のページを更新しました