トップページ > 研究テーマ
受講者専用
保全生態学研究室ブログ
TREE seminar
フェイスブック 湿地と草原の自然再生
秋の草原調査会

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
生命圏環境科学科
保全生態学研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
Phone&Fax. 047-472-3512
jun.nishihiro[at]env.sci.toho-u.ac.jp (西廣)

研究テーマ

 

学生の研究テーマ

2016年度(平成28年度)

修士論文
「土壌シードバンクを活用した水生植物の再生可能性 —東京都の公園での検討—」

卒業論文
「皇居のお濠の植生および土壌シードバンクの水生植物相」
「小川原湖の水生植物相の現状と水質変化」
「シャジクモの発芽特性の解明に向けた基礎的検討」
「草原性の植物の発芽特性:クララとウツボグサ」
「救荒植物の利用価値を高めるデータベースの構築」
「種子を用いた植物保全措置の有効性に関する研究」
「アメリカザリガニを食べるのは誰だ:低湿地における外来種管理に向けた基礎研究」
「千葉県北部の小河川におけるスナヤツメの分布と環境条件」

2015年度(平成27年度)

修士論文
「低平地の湖沼における水生植物の再生可能性~農地開発が進んだ印旛沼での検討~」
「草原の植物種多様性に対する歴史的な土地利用の影響~千葉県北部での検討~」

卒業論文
「放棄水田を用いた湿地再生~神崎川氾濫原「八幡溜」における検討~」
「生物多様性地域戦略の科学性に関する評価」
「湖沼におけるヒシ分布範囲の年変動の把握~リモートセンシングデータを用いた検討~」
「道路建設に伴う植物の移植:モニタリングの状況と移植の有効性」
「江戸時代の救荒植物の知識を現代に活かすための基礎的研究」
「霞ヶ浦湖岸における侵略的外来植物ミズヒマワリの分布とその拡大傾向」
「日本の湿地を対象とした土壌シードバンクのデータベースの構築と解析」
「湿地性植物のハビタットとしての放棄水田の評価」
「都市における雨水管理に関するグリーンインフラストラクチャーの研究」

2014年度(平成26年度)

卒業論文
「自然再生可能性評価に向けた井の頭池の散布体バンクの把握」
「神崎川氾濫原「八幡溜」における止水域再生実験~メダカを含む魚類に着目した評価~」
「湿地再生の可能性評価に向けた印旛沼低地排水路および休耕田における水生生物の分布調査」
「印旛沼流入河川におけるナガエツルノゲイトウの抑制管理に向けた基礎研究」
「草原の植物種多様性変化に影響する要因~千葉県北部での検討~」
「河川水辺の国勢調査のデータを用いた河川環境問題の検出~利根川下流域の植生を対象に~」

2013年度(平成25年度)

卒業論文
「津波を受けた海岸林における植物の多様性の評価」
「冬の火入れがつくりだす温度環境と植物の発芽~小貝川氾濫原での検討~」
「霞ヶ浦における侵略的外来植物ミズヒマワリの分布」
「侵略的外来植物ミズヒマワリの農業用水を介した分布拡大リスク評価に向けた基礎的研究」
「千葉県北部における過去約130年間の草原の分布と変遷」

スタッフの研究プロジェクト

2017年度(平成29年度)

「湿地の多面的価値評価軸の開発と広域評価に向けた情報基盤形成」環境研究総合推進費(代表:西廣淳)
「人口減少、気候変動下におけるグリーンインフラ:生物多様性・防災・社会的価値評価」環境研究総合推進費(代表:中村太士)

2016年度(平成28年度)

「人口減少、気候変動下におけるグリーンインフラ:生物多様性・防災・社会的価値評価」環境省環境研究総合推進費(代表:中村太士)
「井の頭恩賜公園井の頭池の水生生物相解析および水環境保全に関する共同研究」東京都西部公園緑地事務所との共同研究(西廣淳)
「グリーンインフラによる持続的な国土構築に関する可能性調査」フューチャー・アース構想の推進事業(代表:島谷幸弘)
「生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性」総合地球環境学研究所プロジェクト(代表:奥田昇)
「生物多様性と生態系機能への影響を考慮した湖沼沿岸植生管理に関する研究」科学研究費補助金基盤(B)(代表:西廣淳)

2015年度(平成27年度)

「人口減少、気候変動下におけるグリーンインフラ:生物多様性・防災・社会的価値評価」環境省環境研究総合推進費(代表:中村太士)
「陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究」環境省環境研究総合推進費(代表:高村典子)
「生物多様性と生態系機能への影響を考慮した湖沼沿岸植生管理に関する研究」科学研究費補助金基盤(B)(代表:西廣淳)
「井の頭恩賜公園井の頭池の水生生物相解析および水環境保全に関する共同研究」東京都西部公園緑地事務所との共同研究(西廣淳)

2014年度(平成26年度)

「陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究」環境省環境研究総合推進費(代表:高村典子)
「GPS搭載カメラとデジタル地図を利用した市民参加型生物多様性調査と保全生態学的評価」日本生命財団若手研究(代表:西廣淳)
「生物多様性と生態系機能への影響を考慮した湖沼沿岸植生管理に関する研究」科学研究費補助金基盤(B)(代表:西廣淳)
「河川・湖沼で問題となっている侵略的外来植物の分布拡大・管理効果予測モデルの構築と適用」河川整備基金助成事業(代表:西廣淳)
「千葉県北部における半自然草原の植物種多様性に影響する要因」東邦大学理学部野外調査経費(代表:西廣淳)

2013年度(平成25年度)

「陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究」環境省環境研究総合推進費(代表:高村典子)
「生物多様性と生態系機能への影響を考慮した湖沼沿岸植生管理に関する研究」科学研究費補助金基盤(B)(代表:西廣淳)