トップページ > アルバム > アルバム_印旛沼調査
研究室ブログ
研究室ゼミ
TREEセミナー
学部生専用
研究室メンバー専用

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
生命圏環境科学科
湖沼生態学研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666

E-mail: mycoloop(アット)gmail.com

アルバム_印旛沼

2009年8月 印旛沼調査

8月28日に印旛沼での船による調査を行いました。今年は出ないかったと思っていたア
オコが、8月末に遅れて発生していました。
※写真をクリックすると拡大します。
北印旛沼漁協の船着き場に発生したアオコ。
北印旛沼漁協の船着き場に発生したアオコ。
アオコ汁。プランクトンネットで濃縮されました。
アオコ汁。プランクトンネットで濃縮されました。

風もなくはれた日の船での調査は気持ちよいです。
風もなくはれた日の船での調査は気持ちよいです。
調査はすっかりお手の物。バンドン採水器で手際よく採水していました。
調査はすっかりお手の物。バンドン採水器で手際よく採水していました。

西印旛沼の湖岸(一本松付近)一面にオニビシが繁茂していました。
西印旛沼の湖岸(一本松付近)一面にオニビシが繁茂していました。
オニビシは湖底から伸びていますが、葉柄が浮き袋のように膨らむことで、葉は水面上に浮いています。中央に新しい種ができつつあるのが見えます。種は4つの棘をもち忍者のマキビシだったとか。
オニビシは湖底から伸びていますが、葉柄が浮き袋のように膨らむことで、葉は水面上に浮いています。中央に新しい種ができつつあるのが見えます。種は4つの棘をもち忍者のマキビシだったとか。

なぜかペリカン。印旛沼にすっかり居着いて、漁協の船には乗ってくるそうです。
なぜかペリカン。印旛沼にすっかり居着いて、漁協の船には乗ってくるそうです。
調査のご褒美に「うなぎ」。前から行きたかった人気店、煙の中並んだ甲斐がありました。
調査のご褒美に「うなぎ」。前から行きたかった人気店、煙の中並んだ甲斐がありました。