トップページ > スタッフ紹介 > 研究室メンバー
研究室ブログ
研究室ゼミ
TREEセミナー
学部生専用
研究室メンバー専用

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
生命圏環境科学科
湖沼生態学研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666

E-mail: mycoloop(アット)gmail.com

研究室メンバー

2015年度メンバー


ポスドク 栗山武夫(東邦大学理学部博士研究員)
ポスドク(短期留学) Christian Wurzbacher(日本学術振興会海外特別研究員)

現University of Gothenburgポスドク

M2 野崎大貴「印旛沼における珪藻寄生性真菌類の多様性の解明」
M1
福田有里「東京湾における真菌類の多様性」
4年生 岡崎 一眞「印旛沼におけるアオコを形成する藍藻Microcystis aeruginosaの遺伝的多様性」
柏木 健人「千葉県佐倉市におけるイノシシの被害」
佐久間 愛「印旛沼における甲殻類動物プランクトンの季節変化」
関 義昭「印旛沼における甲殻類動物プランクトンの水平的分布」
谷村 翔太「印旛沼におけるジュンサイハムシの夏季休眠に伴う抽水植物利用」
中村 昂樹「植物プランクトンに寄生するツボカビの宿主特異性の解明」
丸山 裕輝「印旛沼における栄養塩類の空間的不均一性に関する研究」
大竹 裕里恵(生物学科から外研)「ワムシの捕食者に対する誘導防御度合いに与えるオニビシの影響」

メンバー(2014年度)

西廣研(保全生態学研究室)と一緒にミジンコポーズで撮影しました。

ポスドク 石田聖二(ツボカビプロジェクト付ポスドク)
M2 中西奈津美「浮葉植物上の昆虫群集(仮題)」
M1 野崎 大貴「印旛沼における珪藻と真菌類との寄主寄生関係の解明(仮題)」
4年生 泉川 幸希「印旛沼集水域における魚類中の放射性物質の濃度」
伊藤 遼太「湖沼における分解性菌類の生態」
神谷 朱音「菌類がミジンコの産仔数に与える影響」
平野 稚奈「植物プランクトンに付着する菌類の生態の解明」
福田 有里「東京湾における真菌類の組成」
藤信 ひかる「オニビシと水質・アオコの関係」
宝槻 真生「印旛沼における動物プランクトンの季節変動」
牧野 稜平(生物学科からの外研生)「印旛沼のオニビシ帯における魚類の分布」

メンバー(2013年度)

西廣研(保全生態学研究室)と一緒に撮影しました。

ポスドク 高木俊(東邦大学理学部博士研究員)
石田聖二(ツボカビプロジェクト付ポスドク)
短期訪問教授(国際交流事業) Prof. Hans-Peter Grossart

IGB-Berlin

M2 赤堀由佳「印旛沼においてオニビシが水質と生物に与える影響」
M1 中西奈津美「浮葉植物上の昆虫群集(仮題)」
4年生 片桐 朋英「八鶴湖におけるシードバンクの種組成」
古口 陽介「東京湾における菌類の多様性」
斉藤 拓也「印旛沼におけるオニビシ繁茂が魚類・エビ類に与える影響」
鈴木 孝太郎「印旛沼におけるヒシとオニビシの種子分布と発芽特性」
野崎 大貴「寄生性ツボカビのSingle Cell PCR法の開発」
平岡 武「東京湾における植物プランクトンの成長制限要因」
藤沼 望美「北および西印旛沼における植物プランクトン成長制限要因の解明」
本木 安倫「花粉はツボカビを介してミジンコに利用されるのか?」

メンバー(2012年度)

博士研究員 高木俊
短期留学生 Michelle A. Maier (Oregon Health and Science University, JSPS summer program) "Estimation of daphnia grazing rate on chytrid zoospores"
M1 赤堀由佳「印旛沼においてオニビシが水質と生物に与える影響」
4年生 河原由季「印旛沼とその周辺水田でのサギの個体数変化」
栗山知子「印旛沼における植物プランクトンの成長制限要因の解明」
鈴木萌里「生物多様性理解に向けたミジンコ学習セットの作成」
中西奈津美「印旛沼に生息する昆虫類・クモ類からみたオニビシの役割」

メンバー(2011年度)

M2 松倉 君予 「ヤブツバキ葉上リティズマ科菌類にみられる個体群サイズの地理的変異」
4年生 赤堀由佳「印旛沼におけるオニビシが水質に与える影響」
岩崎華香「印旛沼における動物プランクトンと植物プランクトンの相互関係」
梅谷光裕「ウシガエルのオタマジャクシ幼生とアメリカザリガニとの関係」
大久保貴史「諏訪湖における水生植物の違いによる動物プランクトン群集の違い」

メンバー(2010年度)


M1 松倉 君予 「ヤブツバキ葉上リティズマ科菌類にみられる個体群サイズの地理的変異」
4年生 大野智弘「植物プランクトン寄生性ツボカビの出現パタン」
小川智子(生物学科植物生態研究室 外研)「太平洋側のブナ林更新における実生の生残機構」
川津正之「オニビシの繁茂にともなう鳥類相の変化」
斎藤温「オニビシとジュンサイハムシの相互関係」
堺幸恵「水田におけるタニシの分布」
田村謙「ミジンコを用いた環境教育プログラムの開発」
成島みゆき「田んぼにおける水生昆虫、動物プランクトン群集の季節変動」
廣井麻衣子「オニビシ繁茂に伴う栄養塩および酸素濃度の変化」

2010年度卒業研究要旨集 pdf

卒業研究生

2009年度 石鍋 順子 「印旛沼におけるバクテリアの季節変動およびその要因」
小林 達也 「印旛沼におけるジュンサイハムシによるオニビシの被食過程」
佐藤 麻未 「印旛沼における真菌類の検出方法の検討と季節変動」
野本 直也 「大学構内のクマムシの分布と生態」
廣瀬 豊 「印旛沼に生息する植物プランクトンの成長制限要因の解明」
松倉 君予 「ヤブツバキ葉上リティズマ科菌類にみられる個体群サイズの地理的変異」
渡辺 実和 「印旛沼における大型動物プランクトンの季節遷移」

2009年度卒業研究要旨集 pdf

2008年度 天野 陽介 「印旛沼におけるツボカビを含めた真菌類の検出」
坂本 かおり 「蛍光色素を用いた緑藻と珪藻の生死判定」
鈴木 裕子 「東京湾ウミホタル個体群の系統解析」
2007年度 柴田 淳一(生物学科4年生)「カダヤシ高密度下におけるケンミジンコの個体群維持」