トップページ > スタッフ紹介 > 教授 西脇 祐司

スタッフブログ

2022年06月02日 更新

お問い合わせ・連絡先

東邦大学 医学部
社会医学講座衛生学分野

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL 03-3762-4151(内線2405)
FAX 03-5493-5416

教授 西脇 祐司

学位 博士(医学) (慶應義塾大学)
Master of Science in Epidemiology (ロンドン大学)
専門分野 疫学、環境・産業保健、予防医学
研究テーマ
  • 加齢による機能低下予防(とくに感覚器、運動器)に関する研究
  • 環境疫学研究(PM2.5、黄砂、環境化学物質等)
  • 日光曝露定量化指標の開発
  • 臨床他科との共同研究(臨床疫学研究)
所属学会 日本衛生学会(理事、評議員、編集委員)、日本産業衛生学会、日本疫学会(評議員)、日本公衆衛生学会(編集委員、認定専門家)、日本整形外科学会(Editorial Board Member)、日本脊椎脊髄病学会、日本聴覚医学会、American Public Health Association、International Society for Environmental Epidemiology
ひと言 研究の出発点は、産業化学物質の健康影響に関する疫学研究でした。その後、London School of Hygiene and Tropical Medicine への留学経験が、研究の視野をぐっと広げてくれました。興味の対象は比較的広いですが、なかでも現在力を入れているテーマは大きく二つあります。一つは、少子高齢化問題解決のための研究です。エイジングに関する研究といってもよいかもしれません。加齢によって生じる高齢者の感覚器、運動器の機能低下は有病率が非常に高く、disabilityの原因として大きな問題であるにもかかわらずこれまであまり研究されてこなかった分野です。少子化の中で、子供達をいかに健やかに育てるかも喫緊の研究課題です。取り組みは始まったばかりですが、やらなくてはいけないことは山ほどあります。もう一つのテーマは、環境要因からいかに健康を守るかです。現在、黄砂や大気汚染物質の健康影響評価に関する疫学研究を行っています。日光曝露と健康障害についても興味を持っています。特に目から入る紫外線やBlueLightをいかに定量評価できるかに腐心しております。一緒に研究してくれる若い力を求めています。
Selected
Publications
  1. Nishiwaki Y, Michikawa T, Eto N, Takebayashi T. Body mass index misclassification due to kyphotic posture in Japanese community-dwelling adults aged 65 years and older. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2011;66:326-31.
  2. Saito H, Nishiwaki Y, Michikawa T, Kikuchi Y, Mizutari K, Takebayashi T, Ogawa K. Hearing handicap predicts the development of depressive symptoms after 3 years in older community-dwelling Japanese. J Am Geriatr Soc. 2010;58:93-7.
  3. Michikawa T, Nishiwaki Y, Kikuchi Y, Hosoda K, Mizutari K, Saito H, Asakura K, Milojevic A, Iwasawa S, Nakano M, Takebayashi T. Serum levels of retinol and other antioxidants for hearing impairment among Japanese older adults. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2009;64:910-5.
  4. Nishiwaki Y, Breeze E, Smeeth L, Bulpitt CJ, Peters R, Fletcher AE. Validity of the Clock-Drawing Test as a screening tool for cognitive impairment in the elderly. Am J Epidemiol. 2004;160:797-807.
  5. Nishiwaki Y, Takebayashi T, O'Uchi T, Nomiyama T, Uemura T, Sakurai H, Omae K. Six year observational cohort study of the effect of carbon disulphide on brain MRI in rayon manufacturing workers. Occup Environ Med. 2004;61:225-32.
  6. Nishiwaki Y, Maekawa K, Ogawa Y, Asukai N, Minami M, Omae K; Sarin Health Effects Study Group. Effects of sarin on the nervous system in rescue team staff members and police officers 3 years after the Tokyo subway sarin attack. Environ Health Perspect. 2001;109:1169-73.

メールアドレス

yuuji.nishiwaki★med.toho-u.ac.jp
※上記の「★」を「@」に置き換えて下さい。