トップページ > 研究会概要

お問い合わせ・連絡先

東邦大学 医学部
微生物・感染症学講座
(医学部 1号館 9階)

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL 03-3762-4151

研究会概要

 

  緑膿菌は、外科用包帯を青く染める膿をもたらすことからBacillus pyocyaneusと呼ばれ、1872年にSchroeterにより銅のさびすなわち緑青に満ちたの意味を持つ“aeruginosa”により、Bacterium aeruginosumと名づけられそしてPseudomonas aeruginosaの現在の菌名になった。日本では昭和4年(1929)に刊行された志賀 潔先生著書の細菌及び免疫学綱要に、Bac. pyocyaneusと記載されている。その本の中で、「モルモットは感受過敏なり、兎之に次ぐ。」「人體に於いては膿汁に偶然發見せらる(緑膿)。その他蜂窩織炎、膿敗症、鼓室化膿等に存することあり。膿及分泌液の緑色なるは本菌の發生に基づく。」等々の内容が書かれ、現在にみられる緑膿菌の重要性の萌芽が正確に取り上げられている。

  1966(昭和41)212、本菌の重要性をかんがみ、本間 遜先生(東京大学伝染病研究所)を中心に緑膿菌研究会が発足し、第1回研究会が東京大学医科学研究所会議室で開催された。残念ながら第1回の講演記録は残っていない。1969年にエーザイ新館ホールで開催された第3回から講演記録が作成された。その講演記録には生化学的性状、緑膿菌選択NAC寒天培地の提案、血清型別、カルベニシリンの抗菌力、臨床症例など当時の緑膿菌研究のホットスポットがちりばめられ、緑膿菌研究会草創期の、そしてその後の医学会の重鎮となられた方々の、緑膿菌に対する情熱がほとばしるような発表が記録されていた。
  本研究会は、1985年第19回研究会に事務局が、本間 遜先生の教室(北里大学医学部)より、東邦大学医学部微生物学教室に移転した。この間、1992年の25回研究会において本研究会に会則が設けられたのを期に、呼称も緑膿菌研究会から緑膿菌感染症研究会に改称され、また研究対象も、緑膿菌だけでなくブドウ糖非発酵菌にまで広げ現在にいたっている。会員数は20154月現在、一般会員数169名、名誉会員数 15名、賛助会員数10社、運営委員34名である。

“みのるメモリアル”緑膿菌感染症研究会奨励賞

本賞の由来

  みのるメモリアル賞は、小児の遺伝性白血病「ウイルスコット・アルドリッチ症候群」にかかり、その治療としての骨髄移植後、緑膿菌感染症に罹患し亡くなった故田代 みのる様のご両親より、緑膿菌感染症研究に役立てて欲しいとの希望で本研究会にご寄付いただいた寄付金を原資とし、平成16年より始まりました。
本賞は、緑膿菌感染症研究会で発表された一般発表の中から、5名の審査員による審査を踏まえ、最も優れた研究に対して贈られます。

過去の授賞者一覧

第1回 東邦大学医学部微生物教室  都筑 閲
「緑膿菌autoinducerおよびその誘導体によるIL-8産生・アポトーシス誘導に関する検討」
第2回 長崎大学医学部第二内科 柳原克紀
「緑膿菌慢性気道感染症モデルに対する抗PcrV抗体の効果」
第3回 宮崎大学医学部第三内科 松元信弘 
「緑膿菌による慢性下気道感染症における気道被覆液中βデフェンシンの検討」
第4回 東邦大学医学部微生物・感染症学講座 上田千尋 
「緑膿菌由来tetramic acidのClostridium difficileに対する抗菌効果の基礎的検討」
第5回 国立感染症研究所生物活性物質部 金子幸弘 
「緑膿菌バイオフィルムに対するガリウム(Ga)の作用についての検討」
第6回 東邦大学医療センター大森病院感染管理部 吉澤定子
「当院における緑膿菌抗菌薬感受性と治療の実際
~多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染症に対するBC-plateの有用性を含めて~」
第7回 東邦大学医学部微生物・感染症学講座 木村聡一郎
「緑膿菌のcyclic di-GMPを介した病原性制御機構に及ぼすマクロライド剤の効果」
第8回 徳島大学医学部大学院 上手麻希
「緑膿菌耀mexS遺伝子はQuorum-sensing 機構を調節する?」
第9回 長崎大学病院 臨床検査部 山田康一
「メタロβ-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌による人工呼吸器関連肺炎(VAP)モデルにおけるMBL阻害薬ME1071の有効性」
第10回 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 清川達則
「嫌気環境下における緑膿菌バイオフィルム形成機構についての基礎的知見」
第11回 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 楊 佳約
「緑膿菌バイオフィルム中のムコイド変異株の挙動解析」
第12回 徳島大学大学院先端技術科学教育部 市瀬裕樹
緑膿菌MexEF-OprN薬剤排出ポンプの発現に関与する因子の探索
第13回 京都府立医科大学 麻酔科学教室 濱岡 早枝子
「緑膿菌の遺伝子組み換えV抗原(re PcrV)に各種アジュバントを添加したワクチンの有効性」
第14回 京都薬科大学微生物・感染症学分野 林直樹
「緑膿菌PAO1株が培養上皮細胞を感知するメカニズムの解析」
第15回 国立感染症研究所 薬剤耐性研究センター 鈴木仁人
「アシネトバクター属菌における薬剤耐性と細菌間競合」