進歩する麻酔科医療
東邦大学医療センター大橋病院麻酔科 関連リンク
後期研修医向け特設サイト

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 麻酔科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

総説

1 小竹良文、牧 裕一、豊田大介:心拍出量を知る. 日本臨床麻酔学会誌 2015;35:475-81
2 牧 裕一、豊田大介、小竹良文. 大量出血と輸血. 救急・集中治療 2015;27:438-43
3 小竹良文、篠田重男、牧裕一、豊田大介: 高リスク手術における輸液管理. 日本臨床麻酔学会誌 2015;35:41-7
4 小竹良文、豊田大介、篠田重男、牧裕一: 代用血漿製剤の適切な使用法. 日本臨床麻酔学会誌 2014;34:549-55
5 小竹良文、豊田大介、篠田重男、牧裕一: 侵襲時のHESその光と影Part2: controversial issues. 体液・代謝管理 2014;30:9-15
6 小竹良文: 中分子量低置換度ヒドロキシエチルデンプン製剤の特徴と展望. 麻酔 2014;63:218-31
7 小竹良文: 10分間でカンタン理解!手術室で使用する薬剤のポイント. オペナーシング2014春期増刊、手術室の薬剤122. 2014:18-22
8 豊田大介、小竹良文: Goal-directed intraoperative therapy. Anet 2014;18:26-30
9 牧 裕一、豊田大介、小竹良文: 人工呼吸中の輸液管理. 救急・集中治療 2014;26:1355-61
10 牧 裕一、豊田大介、小竹良文: 体液管理における代用血漿とアルブミン製剤の功罪. ICUとCCU 2014;38:737-43
11 小竹良文、豊田大介: 体内水分と電解質の関係〜輸液管理の基本を理解するために〜. 救急・重症患者ケア 2013;2:263-71
12 小竹良文: 手術室におけるモニタの効率的配置に関する考察. 日本臨床麻酔学会誌 2013;33:918-24
13 小竹良文: 動的指標モニタリングに基づいた輸液管理の実際. 体液・代謝管理 2013;29:37-44
14 豊田大介、篠田重男、小竹良文: 筋弛緩の拮抗とその評価. LiSA 2013;20:846-50
15 豊田大介、篠田重男、小竹良文: 腎機能低下患者への体液管理のストラテジー. LiSA 2013;20:962-6
16 小竹良文: 術後回復力強化プログラムからみた周術期輸液管理-目標指向型輸液管理とは-. 医学のあゆみ 2012;240:827-31
17 小竹良文: 周術期の呼吸管理. 消化器外科臨時増刊、術前・術後管理必携 2012;35:543-7
18 小竹良文: 術中の輸液管理. 循環制御 2012;33:13-9
19 小竹良文: 術後肺合併症を減らす術中人工呼吸管理:マイクロアスピレーションと肺胞虚脱を防止し、術後の筋弛緩残存を回避する. LiSA 2012;19:950-5
20 小竹良文: 人工呼吸関連肺炎予防に関する気管チューブの改良. 日本集中治療医学会誌 2012;19:11-6
21 Aoyama Y,Nagata K:Salutogenesis and Psychosomatic Medicine.Comprehensive
Medicine 11:44-50,2012
22 小竹良文: その他の心拍出量測定. Intensivist 2011;3:229-44
23 小竹良文: 静脈還流と周術期循環管理. 臨床麻酔 2011;35:989-98
24 小竹良文: 手術室モニター正常波形・正常値ミニシート. オペナーシング 2011;26S
25 小竹良文: 静脈路確保の重要性. 臨床麻酔 2011;35:159
26 Aoyama Y,Nagata K:Integration of pathogenesis and salutogenesis-in the treatment of chronic pain-.International Journal of Integrative Medicine 4:43-50,2011
27 小竹良文: 輸液・循環管理とアウトカム. 日本臨床麻酔学会誌 2010;30:398-409
28 小竹良文: 常時使用モニターと適宜使用モニターの基礎ポイント. OpeNursing 2010;25:950-61
29 小竹良文: ALI/ARDSで肺高血圧症が起こるのはなぜか. 救急・集中治療 2010;22:1066-72