栄養部の活動報告ブログ 栄養ニュース

血管メンテナンスしていますか?

ブログ担当の冨岡です。
人は誰でも年齢を重ねるにつれて、老化を感じます。
日頃から肌老化(シミ・しわ・たるみ)など外見の変化を意識する方は
多いでしょうが目に見えない血管老化を意識して生活する人は少ない
のではないでしょうか?
血管老化は動脈硬化がどれだけ進んでいるかを指標するものですが
日々の食事ケアや生活習慣改善で血管の若さを保つことができます。
そこで今回は、血管老化を食い止めるポイントを紹介します。

原 因
加齢の影響だけではありません!
不適切な食事(高血圧・高血糖・脂質異常症)・運動不足・ストレス・喫煙
なども大きな原因となります。中でも生活が大きな影響を与えています。


ポイント


高血圧
    血管に圧力がかかり傷つけ傷みやすくします
    塩分の摂り過ぎに注意し薄味を心掛けましょう。また、
    新鮮な野菜や果物に含まれるカリウムは塩分を排泄させる
    働きがあるのでおススメです。

高血糖 
    血管がコゲ(糖化)でしなやかさを失う
    腹八分目とし、主食・主菜・副菜を揃えたバランスの良い食事が
    大切です。特に菓子類やジュースなどの嗜好品は摂り過ぎない
    ように注意しましょう!

脂質異常症
    血管を狭くして血液を詰まりやすくします

    お肉よりお魚や大豆製品を積極的に摂りましょう。
    また、食物繊維にはコレステロールを低下させる働きもあるので
    野菜たっぷりのメニューにすると効果的です。
     

血管が老化するスピードは人により様々ですが、健康診断(血圧や血液検査)の
結果から老化のサインがわかります。
みなさんも年1回は健康診断で血管の状態を確認し血管ケアを心掛けましょう
また、運動療法を組み合わせることがより血管力アップの近道となります。
次回の栄養ブログも乞うご期待!

投稿日:2015年03月05日00時00分| 投稿者: 冨岡勤| カテゴリ: 未設定


前の記事次の記事