大橋病院 外科
肝胆膵外科
呼吸器外科
乳腺外科
肛門外来
ヘルニア外来
胆嚢専門外来
乳がんセンター
東邦大学 教育・研究業績データベース【外科学/一般・消化器外科学】

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 食道・胃・大腸外科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

胃癌

胃癌は胃粘膜上皮(胃粘膜表面)から発生する悪性腫瘍です。腫瘍の深達度により早期癌(粘膜・粘膜下層までの癌)・進行癌(筋層や漿膜に浸潤している癌)に分類されます。(図8)
図8
癌の進行度は①腫瘍の深さ②リンパ節転移の有無③肝転移の有無④腹膜播種の有無⑤その他の遠隔臓器への転移の有無により分類されます。腫瘍の位置や広がり、進行度に応じて、胃の切除範囲を決めています。(図9)
早期胃癌の治療
日本内視鏡外科学会技術認定医(二渡信江)を中心に原則的に腹腔鏡手術を行っています。最新鋭の腹腔鏡システムを用いて可能な限り患者さまの負担の少ない低侵襲手術をめざしております。また、早期胃癌と診断された患者さまに対してすぐに手術を勧めるのではなく、超音波内視鏡検査などにより精密検査を行い、胃カメラによる内視鏡治療(ESD)が可能な症例であれば、内視鏡治療(ESD)を先行して行うなど、消化器内科と密に連携を取っています。
《機能温存手術》
早期胃癌のうち症例によっては、術後の残胃の機能・胆嚢の機能保持のために迷走神経肝枝・腹腔枝を両方温存する神経温存手術を腹腔鏡で行っています。さらに、本来胃全摘術になってしまうような胃の上部にできた癌に対しても、可能な限り胃を残すような手術(噴門側胃切除術)をしています。
進行胃癌の治療
進行胃癌のなかでも深達度がMP(筋層)、N0(リンパ節転移がないもの)でステージIBの患者様に対しては、腹腔鏡手術(2群リンパ節郭清)を行っています。進行度がステージII以上であれば、基本的にはガイドラインの標準治療である開腹手術・2群リンパ節郭清を行っています。現在、臨床試験として進行胃癌に対する腹腔鏡手術も行っています。手術で病巣を取りきれそうにないステージIVの切除不能進行胃癌の患者さまに対しては、審査腹腔鏡でステージの判定を行ったり、抗癌剤による化学療法を先行して行い、腫瘍が縮小して切除可能となれば、手術を行う方針としています。
緩和ケア
胃癌が高度に進行してリンパ節や臓器、腹膜などに転移してまった患者さま、あるいは高齢や併存疾患の関係で、手術や抗がん剤などの積極的治療を適応できない患者さまに対しては、緩和ケアをおすすめしています。この場合、緩和ケアチームが治療に介入し、患者さまの精神的・社会的・身体的苦痛のケアを行っています。