今、最前線に立つプロフェッショナルとして

消化管粘膜下腫瘍

粘膜下腫瘍とは

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の粘膜(消化管内腔の表面)よりも下の(深い)消化管壁内(粘膜下層、固有筋層、漿膜下層など)に存在する腫瘍のことです。粘膜下腫瘍という名称は粘膜より下に存在する腫瘍の総称であり、悪性腫瘍及び良性腫瘍の双方が含まれます。下記のように病理組織学的にいくつかの種類に分類されます。

種類

粘膜下腫瘍は間葉系腫瘍が多くの割合を占めます。間葉系腫瘍には消化管間質(性)腫瘍(GIST: gastrointestinal stromal tumor)、筋原性腫瘍、神経原性腫瘍などがあり、その他に血管腫、リンパ管腫、脂肪腫などがあります。迷入膵など、腫瘍ではないものも便宜上、粘膜下腫瘍に含むことがあります。

症状

腫瘍が小さい場合は無症状で、胃透視、上部消化管内視鏡などで偶然発見されることがほとんどです。しかし、腫瘍が大きい場合、腫瘍から出血し、吐血や下血を生じることがあります。

診断

上部消化管内視鏡で診断します。潰瘍を形成して、表面に腫瘍が露出している場合には、腫瘍の一部を採取(生検)することにより病理組織診断が可能ですが、腫瘍が正常粘膜に覆われている場合が多いために診断が困難です。そのため、内視鏡と同時に超音波を行う超音波内視鏡(EUS: endoscopic ultrasonography)で腫瘍の性状を調べることもあります。その他の検査には腹部超音波、CT、MRIなどがありますが、画像検査だけでは確定診断は困難です。したがって、最近では超音波内視鏡を使用して腫瘍の一部を採取する超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA: endosonography-guided fine needle aspiration)を施行して病理組織診断を行っています。当科では積極的に超音波内視鏡下穿刺術を行い、確定診断に努めています。

治療・経過観察

治療は腫瘍の種類により異なります。そのため、当科では可能な限り病理組織診断を行った後に、切除などの治療を行うか、定期的な検査で経過観察していくかを個別に判断しています。