今、最前線に立つプロフェッショナルとして

腸閉塞症

腸閉塞とは、何らかの原因により腸管内容の通過障害が起こることであり、それに伴い腹痛、悪心、嘔吐、排ガス・排便の停止などの症状が出現します。
腸閉塞の診断は単純レントゲン検査、腹部超音波検査、CT検査などの画像診断、血液検査で行います。
治療は、腸管内への水分喪失による脱水の補正、適切な抗生剤投与による感染症の予防。絶食・腸管減圧による局所の安静が主になりますが、重症な場合は迅速な外科的治療が必要となります。
腸閉塞症