患者さんへ

メニュー

胃ろう造設

経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy:PEG)について

内視鏡(いわゆる胃カメラ)を使って栄養を直接、胃に投与する「おなかの小さな口」(瘻孔)をつくる手術です。
口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方につくることが多いです。
おなかの壁(腹壁)から胃の中までを貫通する形でチューブ(胃瘻カテーテル)を留置することによって、周囲の組織がくっつきトンネルができます。そのトンネルを胃瘻と呼びます。チューブなどを使い栄養を投与することができます。栄養投与の方法の1つです。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 消化器内科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)