あらゆる女性の主治医たれ

当科の特色

婦人科は、思春期、生殖期、成熟期、更年期、老年期と、女性のあらゆるライフステージにおける諸疾患に関与する診療科です。

当科の特色として、婦人科腫瘍の診断および治療を得意としております。

診療体制に関するお知らせ

 2018年7月より新たなスタッフとして慶應義塾大学から田中 京子先生、2019年7月より東京医療センターから村上 功先生を迎え、外来が新体制となりました。
田中先生は婦人科がんのなかでも特に若年者に増加傾向である子宮頸癌における妊孕性温存手術を専門としており、本来なら子宮を摘出しなくてはならない初期の浸潤子宮頸癌に対して子宮の一部を残し妊孕性温存を可能とする広汎性子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)に関しての臨床経験は日本トップのレベルです。
残念ながら人員不足が解決したわけではありませんが、今後は子宮頸癌における温存治療にも積極的に取り組んでまいります。
実際に本手術ができるかどうかは、詳しく拝見しないと判らないこともあります。お悩みの際はご相談ください。

ご質問・ご意見は下記メールアドレスへ

gyne-ohashi(a)ext.toho-u.ac.jp
・(a)を@に変えて送信してください。
・返信にお時間をいただく場合があります。

●この検査や治療はしていますか?
●こんな症状の時は受診した方がいいか?
などにお答え致します。
全てのご質問にお答え出来る訳ではありません。また具体的な医療的助言はメールのみでは出来兼ねます。

受診予約はこちらからどうぞ

[受診される方へ]

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 婦人科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
電話:03-3468-1251(代表)