あらゆる女性の主治医たれ

婦人科内視鏡下手術

婦人科における内視鏡下手術は、腹腔鏡と子宮鏡に大きく分けられています。
腹腔鏡は、腹部の数カ所を小さく切開してそこからカメラおよび処置用の器具を挿入して腹腔内の検査、治療を行います。一方、子宮鏡は腟から子宮の内部にカメラを挿入し子宮内の観察、検査、治療を行います。

腹腔鏡下手術について

婦人科の腹腔鏡手術は、現在では婦人科の良性および非腫瘍系疾患のすべてに適応されてきています。

対象となる具体的な疾患には以下のようなものがあります

  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣腫瘍
子宮筋腫については、子宮筋腫核出術、子宮全摘出術、子宮亜全摘(腟上部切断)術での対応となります。
子宮内膜症は、卵巣子宮内膜症性嚢胞、子宮腺筋症と多様な状態をとります。その状態に応じて、子宮全摘術、卵巣子宮内膜症性嚢胞病巣除去をはじめとして、腹膜病変の摘出、癒着剥離などを行います。
上記の子宮筋腫、子宮内膜症の手術に際しては、術前にホルモン療法を施行し手術時の出血量の減少などを図ります。

腹腔鏡下子宮筋腫核出術の例
腹腔鏡下子宮筋腫核出術の例
卵巣、卵管の付属器疾患についても、悪性が疑われるものでなければ腹腔鏡手術の適応としております。
腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術の例
腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術の例
当科では、腹腔鏡手術であっても癒着防止剤を積極的に使用し術後癒着の低減に努めています。

子宮鏡下手術について

子宮鏡手術では、生理食塩水や非電解質で子宮内を満たして、子宮鏡で観察し諸処の処置を行います。

    子宮鏡手術では以下のような疾患を対象としています
  • 子宮粘膜下筋腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮体がんや子宮頸がんの診断
  • 過多月経
子宮鏡下に子宮筋腫を切除する手術の場合は、子宮鏡の太さがやや太いため前日より子宮の頸管を拡張する処置を行います。また、術後出血のリスクがあるため基本的には手術翌日退院としています。
一方、子宮内膜増殖症や子宮内膜ポリープなどに対する検査的意義が大きい子宮鏡手術の場合にはそのような手術前の処置はありません。
子宮鏡下子宮筋腫切除術の例
子宮鏡下子宮筋腫切除術の例