最良の結果のため 確かな技術
検査基準値(項目別)

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 臨床検査部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

臨床検査部

 

血液検査

血液検査は、主に血球算定、血液像、凝固線溶検査を行っています。

血球算定は、血液中の細胞成分(赤血球、白血球、血小板)を自動血球計数機で測定することで、貧血や炎症の有無、白血病などの造血器疾患の疑いがあるかどうか調べます。

血液像検査は、血液中の細胞を観察する検査です。異常な細胞がないか良く観察し、白血球(好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球)を分類し割合を出す事で診療に役立てています。

血管が破れ出血すると、血液中の血小板や凝固因子が働いて血栓を作ることで止血します(これを凝固反応といいます)。止血が完了すると不要になった血栓を溶かす物質が働き、血管は元通りに戻ります(線溶反応といいます)。これらの反応のどこかに欠陥があると止血異常を起こすため、凝固線溶検査は手術前検査には欠かせない検査です。また血栓症(たとえば心筋梗塞など)の治療に使う抗凝固薬(血液を固まりにくくする薬)を服用されている患者さまでは,お薬の効果をみるために必要な検査です。