最良の結果のため 確かな技術
検査基準値(項目別)

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 臨床検査部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

臨床検査部

 

一般検査

一般検査は尿、便、体腔液(髄液、胸水、腹水など)について検査を行なっています。

尿検査は採取に痛みを伴わず繰り返し何度でも行え、腎臓の状態だけでなく、肝臓や糖尿病など多くの臓器の状態を反映しているので、スクリーニング検査として、また病態の指標として行われています。

尿検査では、まず尿試験紙を使い尿中にたんぱく、糖、潜血などがあるかどうか調べる定性検査を行います。つぎに尿中の赤血球・白血球などの成分を調べる尿沈渣検査を行います。

これらの尿定性と尿沈渣は全自動分析機で測定しており、診察前の迅速検査に対応しています。尿沈渣は同時に顕微鏡で目視することで、より精密な結果を報告しています。

便検査では便潜血検査と寄生虫検査を行っています。便潜血検査は主に大腸がんのスクリーニング検査として行われ、寄生虫検査では顕微鏡を使って虫卵や原虫(赤痢アメーバなど)の種類や有無を調べることで、下痢や腹痛など消化器症状の診断に寄与しています。

髄膜炎が疑われるような場合には、髄液検査は診断や治療を行う上で重要な検査となります。髄液中の細胞数や細胞分画、蛋白、糖を調べることによってウイルス性か細菌性の鑑別が行われ、治療方針が決定されます
トリコモナス原虫

ランブル鞭毛虫 (ギムザ染色)