あしたの笑顔をつくる診療
東邦大学医療センター大橋病院 膠原病リウマチ科 関連リンク
関節超音波
生物学的製剤
全身性エリテマトーデス

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 膠原病リウマチ科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

学術活動

 

現在進行中の臨床研究について

膠原病リウマチ科では「診療に伴い発生する試料の医学教育・研究への利用についての同意説明書(包括的同意)」に基づき、診療に伴い発生する試料を用いた研究を行わせていただいております。 いずれも東邦大学医療センター大橋病院個人情報保護方針を遵守し、大橋倫理委員会の承認を経た上で実施しております。

診療に伴い発生する試料の医学教育・研究への利用についての同意説明書(包括的同意)

1. 関節リウマチの再燃機序の解明に関する研究

2. 全身性エリテマトーデス患者における関節超音波に関する研究

 対象の患者さんは2010年10月から2014年3月の間に関節超音波検査を行った全身性エリテマトーデスの方です。

3. 全身性エリテマトーデスと関節リウマチの新規発症例における関節超音波検査を用いた関節病変の検討

 対象の患者さんは2011年1月から2014年3月の間に全身性エリテマトーデスもしくは関節リウマチと診断され関節超音波検査を行った方です。

5. トシリズマブ皮下注製剤の実臨床下における関節リウマチ患者に対する就労・家事労働の改善および機能的改善、日常生活動作改善の検討(多施設共同)

6. トファシチニブとメトトレキサート併用療法による関節リウマチの疾患制御後休薬に関する研究(多施設共同)

7. 関節リウマチに対するアバタセプトの効果の検討(多施設共同)

8. アバタセプトを投与された関節リウマチ・動脈硬化症併発患者における、動脈硬化進展の要因となる抗体群の同定と、抗体群・動脈硬化バイオマーカー・構造マーカーに対するアバタセプトの有効性の検討(多施設共同)

9. 関節リウマチ患者の寛解導入に関連する因子の検討

 対象の患者さんは2014年5月から2015年3月まで当科にご入院または外来受診された方です。

10. 膠原病患者における非結核性抗酸菌症(NTM)の臨床経過

 対象の患者さんは2003年以降当科にご入院または外来受診され、膠原病および非結核性抗酸菌症(NTM)と診断された方です。診療録よりNTM診断時から最終観察時までの画像(CTまたはレントゲン)変化、患者背景因子(性別、年齢、膠原病の診断名、NTM観察期間、喫煙歴、悪性腫瘍歴、糖尿病歴)、既存肺疾患、NTM菌種、膠原病の疾患活動性の有無、膠原病の治療、NTMの治療、末梢血白血球数とリンパ球数、免疫グロブリン値などを調査、解析します。

11. 関節リウマチ患者におけるリンパ増殖性疾患に関する研究

研究概要 doc

12. 多発性筋炎/皮膚筋炎合併間質性肺炎の予後予測因子の同定

研究概要 doc

13. 高齢化社会における関節リウマチ患者の臨床評価の見直しに関する検討

研究概要 doc

14. 関節リウマチ患者におけるメトトレキサートの薬効を予測しうる薬物代謝関連遺伝子の研究

15. 日常診療における目標達成に向けた治療(Treat to Target,T2T)実践のアウトカム測定のためのHAQ調査

16. 本邦における脊椎関節炎(SpA)の実態調査における他施設共同疫学研究

17. 膠原病分類基準改訂の意義と課題 ~重複症候群を含めた検討~

研究概要

18. インフリキシマブ投与下で寛解または低疾患活動性にある関節リウマチ患者を対象としたインフリキシマブ休薬療法における、関節超音波を用いた再発予測精度ならびにインフリキシマブ齊藤よの有効性・安全性を検証する、他施設共同前向き試験(OPTIWIT)

19. 膠原病の季節性に関する研究

研究参加を希望されない方はお申し出ください。
なお、一度参加をご希望された方でも、いつでも途中辞退することが可能です。
研究参加を辞退されましても患者様への不利益は一切ありません。

ご質問等がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

【お問い合わせ先】
東邦大学医療センター大橋病院 膠原病リウマチ科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

研究業績