学術活動
目黒区CKD対策ネットワーク
入局希望者向け特設サイト

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 腎臓内科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

学術活動

 

透析療法を受けているご本人・ご家族の皆様にお願い

 一般社団法人日本透析医学会は、透析医療機関を通じて透析療法の現状をまとめた統計資料を作成しています。この資料は、皆さまの透析治療の質を高めるために作成されるガイドラインや、透析医療にかかわる適切な保険診療設定、施設内での診療、教育にも利用されています。資料の一部は、「わが国の慢性透析療法の現況」としてまとめられ、日本透析医学会ホームページでも公開しております。このように本学会の統計資料は、医学的側面だけでなく社会的側面からもわが国の透析医療の質の向上に大きく寄与しています。
 この統計資料では、透析医療を受けている皆さまの性別、年齢、導入年月、原疾患、県名等が登録され、毎年一回、12月31日時点での治療方法や転帰、検査データが調査されています。調査は国の倫理指針に則り、患者氏名や生月、生日は暗号化された患者識別コードに転換され実際されます。集められたデータから皆様の個人情報を再現することは不可能ですのでご安心下さい。本統計調査はわが国で透析治療を受けるすべての患者さんを対象に行われていますが、ご自身の参加について疑問をお持ちの際は施設担当者へ、調査内容等につきましては下記学会担当者までお問い合せくださいますようお願いいたします。本透析調査に不参加の場合でも、皆さんが何ら不利益を被ることはありません。
 日本透析医学会は、透析医療の質を向上させるために引き続き努力を続けてまいりますので、今回の調査につきましてはご理解下さいますようお願い申し上げます。

一般社団法人日本透析医学会
理事長  武本佳昭
統計調査委員長 花房規男
〒113-0033
東京都文京区本郷2-38-21
アラミドビル2F
TEL:03-5800-0790

臨床情報・検体の研究利用に関するお知らせ

『研究課題名 末期腎臓病の血清カリウム値と予後』
研究機関名  東邦大学医療センター大橋病院
研究責任者  腎臓内科  職位・氏名 教授 常喜信彦

【研究の目的】
東邦大学医療センター大橋病院腎臓内科では、透析を必要とする末期の腎臓病患者における血清カリウム値が透析開始後の予後に与える影響について調査し、さらにその影響に対して、使用していた薬剤がどのように修飾を加えているかを調べることを目的として研究を計画しました。この研究で得られる成果は、今後の腎臓病診療における血清カリウム値の管理の改善につながります。

【研究対象および方法】
この研究は、(東邦大学医療センター大橋病院)倫理委員会の承認を得て実施するものです。
対象者:1993年1月~2018年12月までに東邦大学医療センター大橋病院(旧東邦大学医学部付属大橋病院)腎臓内科(旧第三内科)において腎不全により透析を開始した方を対象とします。この間に透析を開始した方は750名ほどとなり、対象者に該当します。
方 法:診療録(カルテ)から抽出したデータを解析します。

【研究に用いられる試料・情報】
情報:病歴、診療の治療歴、各種検査結果、透析開始後3年間の通院歴

【研究組織】
当院のみで行う研究です。
代表施設名:東邦大学医療センター大橋病院
研究代表医師:常喜信彦 役職:教授

【個人情報について】
研究に利用する情報は、患者様のお名前、住所など、個人を特定できる個人情報は削除して管理します。また、今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報を利用することはありません。

本研究に関してご質問のある方、診療情報等を研究に利用することを承諾されない方は、下記までご連絡下さい。その場合でも、患者様に不利益になることはありません。また対象者の意思表示が困難な場合は、親族の方、あるいはそれに準ずる方を代諾者として下記までご連絡いただきたく思います。

【連絡先および担当者】      
東邦大学医療センター大橋病院 腎臓内科
職位・氏名  教授 常喜信彦
電話 03-3468-1251 内線 7942

現在進行中の臨床研究について以下の通りお知らせいたします

東邦大学医療センター大橋病院腎臓内科は、研究機関として我が国の医学発展を目指すという使命があります。当科で拝見させていただいている患者さんで該当する方には、以下のような臨床研究にご同意いただいた上で研究対象とさせていただいてます。
なおいずれの研究も、個人情報保護法(平成15年法律第 57号)に基づく東邦大学医療センター大橋病院個人情報保護方針を順守し、かつ大橋病院倫理委員会にて承認された上で進行しております。

①血液透析中の腎性貧血患者に対するエポエチン ベータペゴル製剤投与時 の維持ヘモグロビン値の予後の評価(PARAMOUNT-HD study)
承認番号 13-28

②透析開始時の心血管スクリーニングからみた慢性腎臓病診療の実態調査-臨床観察的コホート研究
承認番号 13-52

③透析開始時の心血管スクリーニングからみた慢性腎臓病診療の実態調査
承認番号 13-61

④経皮的血管内カテーテル治療後の慢性期コレステロール塞栓症の実態に関するコホート研究
承認番号 13-58

⑤腎臓病特有の肺動脈圧上昇とその機序の解明
承認番号 13-59

⑥保存期慢性腎臓病の腎性貧血治療における早期介入治療と従来治療の心血管予後と費用対効果に対する多施設共同、オープンラベル、ランダム化平行群間比較試験
承認番号 13-70

⑦透析患者の重症感染症発症に対するプロカルシトニン(PCT)測定の有用性評価
承認番号 13-64

論文・学会発表

論文・学会発表