明日をみつめる 未来をみつめる
トップページ > 学術活動 > 研究課題名:(橋承15-86)レーザースペックルフローグラフィー、OCTアンギオグラフィー、ハンフリー視野計における正常眼データベースの構築

臨床情報の研究利用に関するお知らせ

研究課題名:(橋承15-86)レーザースペックルフローグラフィー、OCTアンギオグラフィー、ハンフリー視野計における正常眼データベースの構築

研究機関名:東邦大学医療センター大橋病院
研究責任者:眼科 講師 榎本暢子 

研究の目的

東邦大学医療センター大橋病院眼科では、多施設共同研究である「緑内障眼の眼血管血流動態と機能および構造の関係の解析」に参加いたします。この研究は、(橋承15-86)「レーザースペックルフローグラフィー、OCTアンギオグラフィー、ハンフリー視野計における正常眼データベースの構築」で集められた正常眼のデータと、新たに集める緑内障の方の視神経乳頭の血流や血管密度のデータとを比較することで、緑内障の治療や進行予測に役立てるのが目的です。

研究対象および方法

東邦大学医療センター大橋病院では臨床研究(橋承15-86)「レーザースペックルフローグラフィー、OCTアンギオグラフィー、ハンフリー視野計における正常眼データベースの構築」に2015年9月~2018年3月に34名の方が参加されました。この研究は多施設共同研究で、全施設で126名の方が参加されその方達のデータが「緑内障眼の眼血管血流動態と機能および構造の関係の解析」の研究代表施設である北里大学に提供されます。

研究に用いられる試料・情報

情報:年齢、性別、視力、眼圧、視野検査、画像検査結果

外部への試料・情報の提供

研究に参加された際に測定した視力、眼圧、視野検査、画像検査の結果を、あなたの個人情報が分からないように匿名化したものを北里大学に提供します。

研究組織

研究監修

関東中央病院 代表:新家 眞 役職:病院長

共同研究施設

北里大学 代表:庄司信行 役職:主任教授
金沢大学  代表:杉山和久 役職:教授
たじみ岩瀬眼科 代表:岩瀬愛子 役職:院長
東邦大学医療センター大森病院 代表:松本 直 役職:准教授
東邦大学医療センター大橋病院 代表:榎本暢子 役職:講師 
東北大学 代表:中澤 徹 役職:教授 
福井県済生会病院  代表:新田耕治 役職:部長

個人情報について

研究に利用する情報は、患者様のお名前、住所など、個人を特定できる個人情報は削除して管理します。また、今回の研究で得られた成果を、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報を利用することはありません。

本研究に関してご質問のある方、診療情報等を研究に利用することを承諾されない方は、下記までご連絡下さい。その場合でも、患者様に不利益になることはありません。

連絡先および担当者

東邦大学医療センター大橋病院 眼科 講師 榎本暢子
電話:03-3468-1251    内線:2132