患者さんへ

メニュー

肩・肘・手の主な病気:母指CM関節症

東邦大学整形外科 客員講師 奥野祐次

母指CM関節症は親指の付け根にある関節の軟骨のすり減りによって生じる比較的ありふれた疾患です。加齢とともに増加します。親指の付け根の関節をCarpometacarpal関節(CM関節)とも呼ぶことから、母指CM関節に生じる変形性関節症の一種です。

母指CM関節症は非常に強い痛みと腫れ、動かしにくさやつまむ力の低下などを主な症状とします。ドアノブを回す、瓶のふたを開けるなどの作業が困難になります。内服薬や脱着可能な装具の使用が一般的な治療法となり、時には手術の対象にもなります。

症状

主な症状は母指付け根の疼痛です。何かを握る、つまむ、親指で力を加えるなどの際に痛みが生じます。
他の症状としては、親指つけ根の腫脹、硬さ、こわばり、圧痛などがあります。また摘まむ時や握る時の力の弱まり、動かしにくさもあり得ます。また変形に伴い骨が隆起してくるため、隆起した骨の出っ張りが生じることも一般的です。

病院にかかるタイミング

親指の付け根に腫脹や痛みを自覚し、改善しない場合は受診したほうが良いです。

原因

主な原因は加齢とされています。昔に親指に受けた外傷や怪我も母指CM関節症の原因となりえます。
正常の関節では軟骨が骨を覆っており、クッションの役割や滑走性の向上の役割を担っています。CM関節症ではこの軟骨が破断しており、骨と骨同士がぶつかり合い、関節へのダメージを与える状態になっています。このダメージにより骨の新たな増殖(隆起)が生じます。

リスク因子(これらの項目が当てはまる人はCM関節症にかかりやすいです)

  • 女性
  • 40歳以上
  • 肥満
  • 遺伝(靭帯のゆるみなど)
  • 過去の外傷(親指周囲の骨折など)
  • 親指に強い負担のかかるスポーツや労働

診断

診察時の所見でCM関節の腫脹や骨隆起があるか観察します。また医師が親指に多少の力を加えながら動かしてもらうことでゴリゴリといった軟骨不正を示唆する音が生じたり、痛みが生じたりするかを調べます。また一般的なレントゲン検査によって、骨棘、軟骨の菲薄化などを確認することで診断します。

治療

飲み薬はNSDAIDsと呼ばれるロキソニンなどの薬剤の他、トラマールというような痛み止めが用いられることがあります。あくまでも痛みを抑えるための対症療法の要素が大きいです。
簡単な装具(サポーター)も使用されることがあります。母指CM関節を休ませること、動作時の正しいポジションを保つこと、痛みを軽減させることなどの作用があります。
注射治療も行われることがあり、比較的長時間効果のあるステロイド製剤が使われることがありますが、痛みがぶり返す可能性もあります。
手術療法が選択されることもあります。手術には固定術、形成術、置換術などがあります。

治りにくいCM関節症の痛みを改善させる、新たな治療法

最近になって、動脈から抗生物質を投与する治療が母指CM関節症の痛みに効果的であることがわかってきました。5分ほどで終わる簡単な処置によって痛みを減少させることができます。
この治療について詳しく知りたい方は、一度整形外科外来を受診いただき、運動器カテーテル(奥野医師)外来へご案内させていただきます。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 整形外科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)