病院病理部のご案内

メニュー

沿革

大橋病院における病院病理業務は1974年に端を発し、1979年大橋病院病理部として中央検査部から独立しました。大橋病院とともに病理部も発展し、1991年大橋病院病理学講座に昇格しました。初代部長として直江史郎(現東邦大学名誉教授)が23年間病理部を統括した後、2002年4月から高橋 啓が2代目部長を務めています。現在、常勤病理医3名、臨床検査技師5名(含:電子顕微鏡専任技師兼任)、医療事務員1名に非常勤指導医2名が病理検査業務を担っています。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 病理診断科/病院病理部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)
opatho@oha.toho-u.ac.jp