学術活動

メニュー

川崎病の疾患名称変更に反対する署名について

“川崎病の疾患名称変更に反対する署名のお願い”は、おかげさまをもちましてこれまでに5500名を超える皆様から署名を頂戴することができました。2012年3月末に東京品川で開催されましたthe Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop 2012のセッション“International Initiatives in Vasculitis Classification”にて、これまで疾患名称に関する討論がなされてきたThe Chapel Hill Consensus Conference on Vasculitis Nomenclature 2011の議長であるNorth Carolina大学JC Jennette教授から川崎病(Kawasaki disease)と高安動脈炎(Takayasu arteritis)の名称は継続して用いられることが改めて明言されました。
これで当面、上記2疾患が名称変更される危険性は去ったと言ってよいでしょう。御協力戴きました皆様に心より感謝申し上げますと共に、署名活動ははひとたび中断させて戴こうと思います。しかしながら、こういった問題は将来、再燃する可能性があります。今後も注意深く観察し、主張すべきことは主張して参りたいと思います。皆様の御協力に心より感謝申し上げます。
高橋 啓

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 病理診断科/病院病理部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)
opatho@oha.toho-u.ac.jp