先輩医師の声

1年目から積める、主治医としての経験値

高倉 悠人(レジデント:2017年入局)

若いうちからさまざまな経験を積めるのが当科の良いところだと思います。私の場合は、入局1年目から主治医として働かせてもらいました。別の大学病院で働く友人に聞いても、当科は主治医になるのが早いようです。もちろん上級医師にサポートしてもらいながらですが、主治医になったからこそ分かったこともあったので、自分の将来にとって意味のある経験値を積めたと感じています。

不安になることのない、先輩医師たちからの助け

薬を使って病気を抑えられている状態を作り出し、患者さんが喜んで帰っていく姿を見るとうれしく、自分が働いている意義を感じることができます。
分からないことがあれば自分でも調べますが、先輩たちにすぐに聞ける環境ですし、誰に聞いても適切に教えてくれます。和やかな雰囲気で、怖い先生もいませんから、一人でやっていて不安になるようなことはありません。

他の先輩医師の声を見る