先輩医師の声

分野全体をカバーする手術症例。機会も豊富

佐藤 詳(助教:2019年入局)

脳神経外科のどの分野においても手術をこなしているのが当科の特徴です。簡単な手術であれば初期研修時代や入局直後にも体験できましたし、最近では手技の多い手術やマイクロ顕微鏡を使った手術もやらせてもらうなど、満遍なく手術症例を経験できています。また、若い医師が少ない医局なので、件数も多めに行うことができます。

若手が少ないことがメリットに

良し悪しはあると思いますが、先輩医師が多く若い医師が少ない逆三角形の医局なので、若手にとってはアドバイスをもらいやすい環境です。先輩たちは皆さん気さくですし、日常的に質問をしたり相談をしたりさせてもらっています。教授からもカンファレンスなどを通じてアドバイスをもらうことができるので、学ぶことの多い医局です。

難しくても、少しずつステップアップ実感

脳神経外科は大変かなと思っている人もいると思いますし、自分もそういうイメージを持っていました。実際に体力的に大変な診療科ですし、難しいことも多く勉強も大変です。でもその分、患者さんが良くなれば「やってよかった」と思えますし、努力をしていけば少しずつステップアップしていける学問だと感じています。

他の先輩医師の声を見る