教育・研修

専門医取得まで

脳神経外科における後期研修の目的は、脳神経外科学の十分な知識と技術を習得し、日本脳神経外科学会専門医の資格を得ることです。
東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科を基幹施設とした研修プログラムを作成しました。4年間このプログラムで研修することにより、脳神経外科専門医受験に必要な技術と知識を完全にマスターすることが出来ます。
当科での後期研修カリキュラムの概要を記載いたします。6ヶ月毎に評価し到達度合によって細かく変更いたします。 またこのカリキュラムは日本脳神経外科学会・卒後教育委員会による専門医訓練プログラムに準拠しております。

年 度 研 修 場 所 習 得 項 目
1年目 大学・研修施設 神経学的診察、神経画像診断
救急処置、全身管理
術前・術後管理
脳血管撮影
Minor surgery
開頭・閉頭
学会、研究会などで症例報告をする
2年目 大学・研修施設 重症患者の全身管理
顕微鏡手術の第一助手
顕微鏡手術
学会での研究発表や、論文を作成する
3年目 大学・研修施設 教育関連施設で、急性期脳血管障害や外傷の治療を実践する
指導医のもとでmajor surgeryを実践する
小児脳神経外科
機能的脳神経外科
脊椎手術
4年目
5年目
大学・研修施設 手術マネージメント
Major surgeryの実践
後輩や学生の指導を行う
専門医試験に向けての勉強開始

専門医取得後

脳神経外科専門医を取得後は、各個人が専門分野を決めより高度な技術の習得に努めます。最終的には各専門領域において指導的立場になるまでのステップアップを目指します。希望者には国内留学も積極的に行っています。
また各自のテーマを決め研究も行います。希望者には海外留学も積極的に斡旋いたします。現在在籍者の多くが海外留学経験者です。

当科で習得可能なサブスペシャリティー

当科で取得可能な主な専門医・認定医

大学院と海外留学

大学院進学

当研修プログラムでは大学院進学を推奨しています。大学院を修了し医学博士取得を目標とします。大学院進学はいつでも可能ですが、専門医取得前の学位取得を推奨しています。研究生活を経験することでリサーチマインドをもった脳神経外科医を育成します。研究先は各個人の希望にあった研究施設を紹介致します。
また1から1.5日の外勤も許可し、大学院生期間の収入も保証されています。

海外留学

当科では以前より海外留学を積極的に行っています。世界の最前線を経験することで国際的感覚をもつことが可能になります。また国内外への人脈構築にも重要な経験になります。留学先は各個人の希望にあった施設を斡旋します。また給与付のポジション獲得を目指しますが、それ以外にも東邦大学給費留学制度なども利用し留学中の収入も確保致します。

主な留学先