富田 剛司

ごあいさつ

私どもの診療科では、眼科疾患全般に対して最新の検査・手術設備を揃え、高度な医療技術で診断・治療を行うことを診療の基本方針としています。
具体的には、専門外来として緑内障外来、白内障外来、網膜硝子体外来(網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性の方)、涙器外来(流涙などの症状の方)、眼形成外来(眼瞼下垂などの方)、などを設けて、これらの疾患をサブスペシャリティーとする眼科専門医が対応しています。

一方、医学部付属病院の診療科として学術活動にも力を入れており、国内学会での研究発表はもとより、海外での国際学会にも積極的に参加し、高い診療レベルを維持するよう努めています。受診してよかった、と思っていただけるような温かい診療を常に心がけています。どうぞよろしくお願いいたします。

富田 剛司