清水 教一

ごあいさつ

大橋病院小児科の診療方針は『24時間体制の優しい小児医療を行う』ことであります。

小児疾患、感染症(肺炎、胃腸炎、発疹性疾患など)などのcommon diseaseはもとより、腎・泌尿器疾患、膠原病、アレルギー疾患、神経疾患、血液疾患、代謝性疾患、循環器疾患、内分泌疾患などの領域は、それぞれの疾患分野の専門医が診療を行っております。
代謝性疾患の代表のひとつであるウィルソン病においては、診療・研究ともに実績をあげており、全国より患者さんをご紹介頂いております。

今後とも 医局員をはじめ、地域医師会の諸先生方との連携のもと 小児救急医療システムの拠点病院としての活動を維持発展させていく所存です。

清水 教一

診療科紹介動画