診療科挨拶

がんや炎症だけでなく、あらゆる症状が起きる呼吸器
さまざまな疾患を経験し、幅広く学べる領域

呼吸器内科【教授】松瀬 厚人

難治性疾患からコモンディジーズまで

大橋病院は人口の多い都心部にあるため、大学病院ならではの難治性の疾患だけでなく、喘息や肺気腫といった発生頻度の高いコモンディジーズまで幅広く診療を行っています。当医局では、その中でも特にアレルギーや喘息を得意としていて、アレルギー学会の教育認定施設にもなっています。そのため、喘息に興味がある医師や、喘息を専門にしたいと考えている医師にとっては非常に勉強しやすい施設だと言えるでしょう。
また、最新の内視鏡システムが備わっており、患者さんの数が多く、予後の悪い肺がんに対しても、しっかり検査や治療ができていると自負しています。

疾患の種類、診療の内容、ともに幅広い領域

呼吸器内科の診療の魅力は、あらゆる病気に携わることができる点ではないでしょうか。臓器によっては血管の詰まりだけとか、がんばかりということもありますが、呼吸器は外傷、奇形、感染、炎症、アレルギー、がんなどほぼすべてのことが起こり得ます。また、美術的センスを求められたり、謎解きのような楽しさも感じられる読影の機会がほかの内科よりもはるかに多くあります。内視鏡を使った手技もあり、指導医の監視の下で若いうちから積極的に取り組んでもらっているなど、さまざまなことが学べる領域になっています。