先輩医師の声

勉強することの多さが魅力

島田 長茂(レジデント:2016年入局)

ほかの内科と比べ、感染症やアレルギー、がんなど広い守備範囲があって学べることが多い点に魅力を感じています。他科が扱う病気との関わりもあるので、例えば糖尿病や消化器の疾患についても知らないといけないケースなどがあるので、幅広く勉強できる領域です。総合的に診たいという先生にはおすすめできる診療科です。

他施設ではないスピード感で積める経験

ほかの大学病院では3年目、4年目から呼吸器の専門外来をやることは多くないと思いますが、この医局ではそれをやらせてもらえました。胸腔鏡や気管支鏡の手技も早いうちからやらせてもらっています。若いうちからさまざまな経験を積ませてもらえたことは、成長する上でとても有難いことだと思っています。

先輩から後輩へ受け継がれる医局の雰囲気

教授をはじめ、先輩たちはみんな優しくしてくれます。いつでも相談できて、仕事がしやすい環境だと感じています。最近では私にも後輩ができ、質問されることも増えてきました。すぐに答えられないこともありますが、一緒に調べて考えていく姿勢でやっています。先輩たちにしてもらったように、後輩にもしてあげられればと思います。

他の先輩医師の声を見る