診療方針

研究もバランスよく。資格取得後に本格化してほしい

現在、当医局では咳嗽や喘息、COPD、難治性感染症、肺がんなどの症例をもとに、いろいろな検査データなどを使った臨床研究に取り組んでいます。成果は国内外の学会で発表し、できるだけ英語の論文として世に出すようにしています。それに加え、基礎研究も進めるべく、他大学と連携しながら実験も開始しています。
若い先生は専門医資格を取るまでは臨床が中心となりますが、大学病院で働く以上、臨床だけでもダメですし、研究だけでもダメですから、研究にも目を向けてバランスよく取り組んでもらいたいと思っています。

多くを学べる医局で、まずは呼吸器内科全般を

当医局には、例えばアレルギー班や感染症班といった固定したグループや研究はありません。呼吸器内科全般を見られる医師を育成し、その中でそれぞれが興味を持った領域を深く掘り下げていけばいいと考えているからです。
高齢化が進む社会において、今後の需要も増えてくる領域です。人の死にまつわることの多い肺炎治療も行い、誤嚥性肺炎の患者さんも扱っているため、死生観や哲学的な部分でも学ぶことは多いと思います。そういったことも含め、呼吸器内科は幅広く勉強できることの多い魅力ある診療科ですので、ぜひ入局をご検討ください。