安全で、かつ高い水準の放射線医療の提供
マンモグラフィ検診施設認定を受けました
認知症早期発見の手助けをするSPECT検査
東邦大学医療センター大橋病院放射線部 関連リンク
東邦大学医療センター大橋病院 交通案内

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 放射線部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

血管造影検査

Alphenix Biplane INFX-8000V キヤノンメディカルシステムズ株式会社
Alphenix Biplane INFX-8000V
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
股関節の近くにある動脈(静脈)、また手首や腕の動脈(静脈)に針を刺しそこから直径数ミリのカテーテルと呼ばれる管を目的の血管まで到達させ造影剤を注入して血液の流れを撮影します。
頭腹部や四肢の血管の撮影のときは、DSA(デジタルサブトラクションアンギオグラフィー)装置という機器を使い撮影します。この撮影では、造影剤が流れている血管以外の骨や軟部組織をコンピューター処理によって血管像のみを描出することが出来ます。
近年では、CTやMRIの撮影技術の進歩により診断目的の血管造影は減り、カテーテルによる治療が主目的となってきています。