患者さんやご家族のつらさに寄り添って、ともに考えケアを提供します
東邦大学医療センター大橋病院緩和ケアチーム 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 緩和ケアチーム

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

研究実績(2012年1月~)

著書

  1. 臨床緩和ケア 第3版 大学病院の緩和ケアを考える会編集 青海社(東京)2013.3

論文

  1. 中村陽一、長尾さやか、榎本俊行、浅井浩司、岡本 康、渡邉 学、斉田芳久、長尾二郎、草地信也:がん終末期に対する抗菌化学療法の適応 臨と研 89: 1081-1083, 2012.
  2. 中村陽一、長尾さやか、長尾二郎、斉田芳久、渡邉 学、岡本 康、浅井浩司、榎本俊行、片桐美和、渡邊良平、草地信也:がん終末期の消化器症状コントロールに対する持続皮下注の有用性 臨と研 89: 1240-1242, 2012.
  3. 栗島路子、中村陽一、青山幸生、木村麗砂、立石昌子、菅智行、伊藤郁美、堀孔美恵、吉田小百合、田畑ひろみ:当院緩和ケアチームの活動と今後の課題 慢性疼痛 31:157-161,2012.

発表

  1. 中村陽一、長尾二郎、片桐美和、長尾さやか、渡邊良平、斉田芳久、渡邉 学、榎本俊行、浅井浩司、桐林孝治、草地信也:進行胃癌における化学療法・緩和医療での予後予測についての検討. 第84回日本胃癌学会総会、大阪、2012.2
  2. 栗島路子、中村陽一、青山幸生、木村麗砂、立石昌子、菅 智行、伊藤郁美、堀孔美恵、吉田小百合、田畑ひろみ:当院の緩和ケアチームの活動と今後の課題. 第41回日本慢性疼痛学会、東京、2012.2
  3. 中村陽一:緩和ケア概論. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大橋病院)東京、2012.2.
  4. 中村陽一:がん疼痛の評価と治療. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大橋病院)東京、2012.2.
  5. 中村陽一:がん疼痛事例検討 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(JR東京総合病院)(講演)東京、2012.2.
  6. 中村陽一、青山幸生、長尾さやか、柴山朋子、伊藤郁美、栗島路子、堀孔美恵、吉田小百合、田畑ひろみ、木村麗砂、日浦寿美子:がん終末期予後予測因子としてのprognostic nutrition indexの有用性に関する検討. 第17回日本緩和医療学会学術大会、神戸、2012.6.
  7. 中村陽一:オピオイドを開始するとき. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(杏林大学病院)(講演)、東京、2012.7.
  8. 中村陽一、長尾二郎、斉田芳久、渡邉 学、浅井浩司、榎本俊行、片桐美和、長尾さやか、渡邊良平、草地信也:消化器がん終末期予後予測因子としてのPrognostic Nutrition Indexの有用性に関する検討. 第67回日本消化器外科学会総会、富山、2012.7.
  9. 斉藤真理、高宮有介、黒子幸一、白土辰子、中村陽一、大嶋健三郎、田仲 曜、伊藤優子、濱田安岐子:模擬授業で教員が学生役になる意義 -緩和ケアの卒前医学教育に関する教員セミナーのアンケートから- 第44回日本医学教育学会、横浜、2012.7.
  10. 中村陽一:緩和ケア概論. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(公立昭和病院)東京、2012.10.
  11. 中村陽一:呼吸困難. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大橋病院)東京、2012.10.
  12. 中村陽一:消化器症状. がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大橋病院)東京、2012.10.
  13. 中村陽一:がん疼痛事例検討 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大森病院)東京、2012.11.
  14. 中村陽一、伊藤郁美、栗島路子:消化器がんと非消化器がんで予後予測は異なるのか? Prognostic nutrition indexの有用性 第36回日本死の臨床研究会、京都、2012.11.
  15. 栗島路子、伊藤郁美、中村陽一:自らの意思で鎮静を希望した1症例 第36回日本死の臨床研究会、京都、2012.11.
  16. 中村陽一:ファシリテーター 追加モジュール研修会 東京、2012.12.
  17. 中村陽一:消化器外科医が緩和医療を志してわかった 大切なこと. 第17回城南消化器疾患疼痛緩和研究会(特別講演)東京、2012.6.
  18. 中村陽一:試験問題作成に関するWS. 第9回医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー 東京、2012.10.
  19. 中村陽一:がん治療医が緩和医療を志して見えてきた事 早期からの緩和ケアとスピリチュアルケア(特別講演)日本赤十字社長崎原爆諫早病院、長崎、2012.11.
  20. 中村陽一:緩和ケアについて 病院としての取り組み方 同愛記念病院、東京、2012.12.
  21. 中村陽一、伊藤郁美、堀 孔美恵:急性期病院・緩和ケア診療に携わる医療者の死生観の特徴. 第39回日本死の臨床研究会年次大会、岐阜、2015.10.
  22. 木村麗砂、中村陽一、堀 孔美恵、日浦寿美子:緩和ケアチームに依頼された心不全患者に関する薬物治療の実態調査. 第10回日本緩和医療薬学会年会、浜松、2016.6.
  23. 菊池由宣、林 明美、中村陽一、松本高広、渡辺和美、祖父江由紀子、堀 孔美恵、有山智博、村上好恵、石井敏浩、島田英昭:東邦大学におけるがん多職種連携を目指したがんプロフェッショナル養成事業. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会、神戸、2016.7.
  24. 中村陽一、伊藤郁美、堀 孔美恵:Neutrophil / lymphocyte ratioによる終末期がん患者の予後予測 –ROC解析による分析. 第40回日本死の臨床研究会年次大会、札幌、2016.10.
  25. 木村麗砂、吉田小百合、堀孔美恵、中村陽一、日浦寿美子、小林秀樹:東邦大学医療センター大橋病院におけるがん終末期患者の鎮静の現状と課題. 第27回日本医療薬学会年会、千葉、2017.11.
  26. 西尾早百合、越川一誠、島田誓子、清水あさみ、黒澤亮子、後藤麻佑、小林紘、松本高広、坂本真紀、中村陽一、西澤健司:当院のがん診療における緩和ケアチームの取り組みとその評価. 日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会、甲府、2019.8.
  27. 中村陽一、廣井直樹、島田英昭、平沼彩子、小林 紘、後藤麻佑:Virtual Realityを用いた「看取りの場面」の卒前医学教育〜「知識」・「技能」・「態度」の融合教育を目指して〜. 緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会)、Web開催、2020.8.
  28. 中村陽一、渡辺弘道、芝 祐信、勝田友絵、鎮西美栄子、平沼彩子、小林 紘、後藤麻佑:がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会「e-learningの復習」におけるクリッカーの有用性に関する検討. 緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会)、Web開催、2020.8.

シンポジウム

  1. 中村陽一、廣井直樹、島田英昭、平沼彩子、小林 紘、後藤麻佑:Virtual Realityを用いた「看取りの場面」の卒前医学教育〜「知識」・「技能」・「態度」の融合教育を目指して〜. 緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会)、Web開催、2020.8.