患者さんやご家族のつらさに寄り添って、ともに考えケアを提供します
東邦大学医療センター大橋病院緩和ケアチーム 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 緩和ケアチーム

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

緩和ケアチームについて

 

理念

緩和ケアチームは、病院の理念である「優しい心、親切な心のこもった医療の実践」を実践します。
がんをはじめとした、生命を脅かす疾患に罹患された患者さん・ご家族の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を、診療の初期段階から苦痛緩和出来るように取り組みます。
緩和ケアに関する専門的な臨床知識・技術により、主治医・担当看護師と協力し、患者・家族へのケアを行います。
また必要な緩和ケア知識について病院内の医療従事者への教育・支援を行います。

基本方針

  1. 臨床活動(緩和ケアチーム・緩和ケア外来)

    (1) 生命を脅かす疾患に患われている患者とその家族に対して、疼痛やその他の身体的苦痛の緩和、精神的支援、家族支援、療養場所の調整などに関する不安や在宅療養へ向けての社会的資源利用援助を含む包括的なサポートを提供する。

    (2) 医療従事者からの情報、患者の診察、家族との面談、診療録、検査結果などに基づいて患者・家族を多面的にアセスメントし、推奨および直接のケアを行う。
  1. 教育活動

    (1) 院内の医療従事者に対して緩和ケアに関する勉強会・講習会等を定期的に行う。

    (2) 院内・院外の医療従事者を対象に「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を毎年開催する。
  1. 研究活動

    (1) 多施設共同研究に積極的に参加する。

    (2) 臨床研究を継続的に学会・研究会での発表を行う。
    現在、緩和ケアチームで実施している研究内容は別記の通りです。