患者さまのための検査だから私達は、わかりやすい説明を心がけています
臨床検査技師をご存知ですか?

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 
臨床生理機能検査部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

肺機能講座

 肺機能検査でもっとも基本となる肺活量(VC)について簡単に解説したいと思います。
 鼻をノーズクリップではさみ、口でマウスピースをくわえて
呼吸を行います。
 下記に示す図は肺気量分画と言って、呼吸をするときに肺のスペースをどれくらい使っているかを示したものです。

では、検査で肺活量を測定する時の説明の一例を紹介します。

患者様への説明例(呼気肺活量)
・始めは楽に呼吸をして下さい。
・大きく吸って、と言いますので吸えるところまで大きく吸って下さい。
・吸えなくなったら、今度は吐けるところまで大きく吐いて下さい。
・これ以上吐けなくなったら吸って終わりです。
注意点
・患者様にはこちらの声に合わせて呼吸してもらうようにし、最大値が出せるよ
 うにする。
・最大吸気位では波形がギザギザ、最大呼気位ではプラトーになるのを確認してから
 次の声をかける。