より快適に、より安心して受けられる最善の治療
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科 関連リンク

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 泌尿器科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-17-6
TEL:03-3468-1251(代表)

診療科のご案内

 

ご挨拶

診療部長 関戸 哲利教授
診療部長
関戸哲利教授
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科の関戸哲利 (せきど のりとし) です。泌尿器科の第三代教授として平成24年 (2012年) 1月から大橋病院泌尿器科を担当させていただいております。
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科は、昭和39年 (1964年) 大橋病院開院とともに開設されました。初代 松島教授、第二代 三浦教授のもと、泌尿器科のほぼ全ての分野に対応可能な高度な診療体制を確立し、城南・西地区の基幹施設として、その役割を担って来ております。
私が着任後、早6年が経過しましたが、この間、泌尿器癌を中心とした様々な疾患に対する腹腔鏡手術、泌尿器癌に対する後腹膜あるいは骨盤リンパ節郭清術、軟性尿管鏡を用いた腎尿管結石砕石術、経皮的腎尿管結石砕石術、ホルミウムレーザーによる経尿道的前立腺肥大症核出術、尿失禁手術などを導入し、スタッフ一丸となって着実に軌道に乗せることができました。このような努力の甲斐があって、昨年末には都内で3病院目となる腎尿管結石治療用の最新のレーザー装置「Quanta Litho」を導入し結石治療がさらに安全確実に行える体制をとることができました。さらに、私の専門分野の一つであります泌尿器癌診療に関しては、2016年に手術支援ロボットである「ダビンチ」の操作資格を取得し、大森病院泌尿器科の先生方のご協力を得ながらロボット補助下の前立腺癌手術も大森病院で行なっております。
私の専門分野の一つであります、神経因性膀胱や尿失禁、骨盤臓器脱、前立腺肥大症などを含む排尿障害分野の専門診療に関しましても、2017年に排尿機能学会の認定医と難治性過活動膀胱に対する仙骨神経電気刺激療法の治療資格認定を取得するかたわら院内の排尿ケアチームにも積極的に関与するなど、この2、3年で飛躍的にパワーアップしております。

 大橋病院は本年6月に新病院に生まれ変わります。これに伴い、泌尿器科の機器も最新機器への更新がいくつか行われる予定です。さらに、念願であった放射線治療の再開が決まっており、泌尿器癌の治療がさらに充実したものとなります。女性泌尿器 (腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱など) 分野も従来以上に力を入れて行く予定です。

 泌尿器科は日曜日と第三土曜日を除く毎日、外来を開設して診療に当たっております。一人でも多くの患者様のお力になれればと考えておりますので、どうかお気軽にご相談下さい。
2018年1月吉日
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科
教授 関戸哲利