より快適に、より安心して受けられる最善の治療
東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科 関連リンク

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大橋病院 泌尿器科

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

医療関係の方へ

 

泌尿器癌

当科で重視しているのは、患者さんの身体にできるだけ負担をかけない「低侵襲」の治療です。
豊富な知識と熟練した技術をもつ医師が、患者様お一人お一人の状態に合わせた適切な治療を選択させて頂きます。

副腎腫瘍

低侵襲な腹腔鏡下副腎摘除術を実施しております。

腎癌

低侵襲な腹腔鏡下根治的腎摘除術を実施しております。小径腎癌に対しては開腹腎部分切除術や腹腔鏡下腎部分切除術を実施しております。また、大きな腎癌や下大静脈内に腫瘍栓を有するような難治症例も手術可能です。

膀胱癌

膀胱癌では膀胱筋層までを切除するきちんとした経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)を実施しています。高グレードの筋層非浸潤性膀胱癌に対してはセコンドTURBTも積極的に実施しています。筋層浸潤癌に対しては抗がん剤治療と膀胱全摘を組み合わせた治療のほか、癌が小径単発で水腎症や広範囲の上皮内癌を伴わない場合には患者様のご希望に応じて抗がん剤と放射線治療による膀胱温存療法も検討しております。

前立腺癌

前立腺癌の診断目的の前立腺針生検に際し、新病院ではMRI画像と超音波画像をフージョンして生検を行える最新機器が導入予定です。早期前立腺癌の患者様に対しては開腹手術の他、大森病院泌尿器科の先生方のご協力を得ながらロボット補助下の前立腺癌手術を大森病院で行なっております。また放射線治療として、新病院では最新のIMRT(強度変調放射線治療)が導入されます。

精巣癌

抗がん剤治療は勿論、抗がん剤治療後の後腹膜リンパ節郭清術など高度な手術も実施可能です。

腎尿管結石

外来日帰り手術の体外式衝撃波結石破砕治療(ESWL)は最新式のStorz Medical社 (スイス) のモデュリスSLX-F2を導入。内視鏡手術では最新の細径軟性尿管鏡を用いた経尿道的結石砕石術 (f-TUL) が実施可能です。昨年末には都内で3病院目となる腎尿管結石治療用の最新のレーザー装置「Quanta Litho」を導入し結石治療がさらに安全確実に行えるようになっています。経皮的腎尿管結石砕石術 (PNL) やPNLとf-TULの同時手術も実施可能です。

前立腺肥大症

当院ではレーザーを用いた治療 (HoLEP) を積極的に実施しており、100gを超える大きな前立腺肥大症でも取り残しなく安全に治療できております。

下部尿路機能障害(排尿機能障害)

排尿機能外来にてさせて頂きますので、病診経由でご紹介ください。

神経因性膀胱

教授である関戸の専門分野であり、尿流動態検査に基づいた診断と治療を行います。新病院では最新式の尿流動態検査装置が導入されます。

過活動膀胱

難治性過活動膀胱に対する仙骨神経電気刺激療法が可能です。

低活動膀胱

教授である関戸はこの領域のオピニオンリーダーの一人であり力を入れている分野です。

女性泌尿器疾患

女性医師による専門外来を設置しております。Cine MRIなどを用いた正確な診断を心がけています。さらに、新病院では4-Dの経会陰式エコーが可能な最新式の機器が導入予定であり、診断や骨盤底筋訓練への応用が期待されます。腹圧性尿失禁の治療ではTVT手術、骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱など)の治療ではTVM手術(経膣的ミニマルメッシュ手術)を積極的に実施しています。