あなたのそばに。くすりのそばに
東邦大学医療センター大橋病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大橋病院 薬剤部

〒153-8515
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL:03-3468-1251(代表)

製剤室

製剤室では、院内製剤の調製、注射薬(抗がん剤・高カロリー輸液)の調製及び治療薬物モニタリング(TDM)業務を行っています。

製剤業務

一般的に多くの医薬品は製薬会社により供給されますが、需要が少ない等の理由から、治療に必須でも製薬企業では市販していない製剤があります。このように市販の医薬品では対応できない場合、必要な薬物治療に対応するために、剤形変更など病院独自に調製している製剤を院内製剤と呼び、当院薬剤部の製剤室で調製しています。

注射薬の調製業務

抗がん剤や高カロリー輸液などの、無菌調製を実施しています。

抗がん剤調製業務

抗がん剤混注業務
外来・入院患者さまの抗がん剤を、抗がん剤専用の安全キャビネットを使用し、抗がん剤の飛散を防ぎ、無菌的に調製しております。さらに医師、看護師、がん薬物療法認定薬剤師と連携し、個々の患者さまの症状に合わせた抗がん剤を安全かつ正確に提供できるよう努めています。

高カロリー輸液調製業務

食事のとれない入院患者さまの食事の代わりとなる高カロリー輸液(食事の代わりとなる栄養やビタミン等を含んだ点滴)を調製しています。安全に使用していただくために投与ルート、投与速度、用量、配合変化等のチェックを行っています。

TDM業務

TDM業務
薬の効果と副作用の出る用量が近い薬に関しては、血中濃度を測定しています。薬剤師が必要な投与量の計算や投与計画を立案し、医師に処方の提案や情報提供を行うことで、より安全かつ最適な医薬品の適正使用に役立てています。