急性期医療を技術と知識で支えます
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 麻酔科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

痛みの外来

痛みは第5のバイタルサインと言われ、体に異常が起きていることを知らせる大切なサインです。
しかし、強い痛みは時に大きなストレスとなり体に悪影響を及ぼすことがあります。
痛みの外来では、さまざまな痛みのご相談や治療を行います。

最近までは、「痛み」自体を治療するという考え方はありませんでした。痛みを起こす原因のみに目が向けられ、痛みによる神経の変化や免疫の変化、そして心や生活の変化が二次的に痛みを起こすという事実が知られていなかったからです。


医学の進歩によって、慢性疼痛の診断、治療およびリハビリに関する治療が日々改良されています。患者さん自身が中心となって頂き、看護師、理学療法士、薬剤師、他科ドクターなどとともにチームとして治療を行います。
患者さんひとりひとりに、合わせてカウンセリング、薬物療法、東洋医学、運動療法、心理療法、神経ブロックなどを行い、痛みを和らげる方法を探してゆきます。

対象疾患

頭痛、腰痛、外傷後の痛み、手術後の慢性痛、脊髄クモ膜下麻酔後の頭痛、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、糖尿病性神経痛、坐骨神経痛、癌性疼痛、繊維筋痛症、CRPS(Complex Regional Pain Syndrome)、筋筋膜性疼痛症状群、など。

診療時間

痛みの外来につきましては、原疾患の診療科との併診性をとっています。今おかかりの診療科からの紹介状をご用意の上、事前に電話で予約をお取り下さい。また、検査データやお薬手帳もあればお持ち下さい。
また初診(水・金曜日)では約一時間程度の詳しいヒアリングを行っています。お時間に余裕を持ってお越し下さい。
当院では神経ブロックは入院加療を原則として行っています。
夜間および休日診療は行っておりません。