トップページ > 緩和ケア部門

緩和ケア部門

 

ご挨拶

部長:中村 陽一

2001年5月に当院緩和ケアチームが発足、院内各診療科、各部門と協同しチーム医療を臨床の現場で実践するように活動をして参りました。2009年4月には中央施設部門に緩和ケアセンターが設置され、緩和ケア支援チームとして活動を行っております。わが国では、緩和ケアは「がん医療」のひとつとして認識されこれまで発展してきました。緩和ケアのWHOの定義では、「生命を脅かす病」が対象とされており、現在、当院でも心不全や呼吸不全、ALSといった「非がん疾患」への対応を行っております。
 患者さん・ご家族の身体的、心理社会的、スピリチュアルな痛みを全人的な苦痛としてとらえ、主治医や病棟スタッフとともに多職種で対応して参ります。

詳細は緩和ケアセンターホームページをご参照ください。

大森病院緩和ケアセンター

緩和ケア部門について

緩和ケアとは、がんをはじめとする生命を脅かす病気に罹患した初期の段階から、患者さんとそのご家族の心身の苦痛を和らげるために行うケアです。 身体的、精神的、社会的およびスピリチュアルな諸問題についてのつらさを緩和することで、患者さんとそのご家族が、自分らしい生活を送れるようにすることを目指していきます。

スタッフ紹介【2018年9月現在】

センター長(専従) 中村 陽一
(日本緩和医療学会緩和医療専門医)
緩和ケアチーム医師(兼任) 平沼 彩子
(日本緩和医療学会緩和医療認定医)
緩和ケアチーム医師(兼任) 後藤 麻佑
(緩和医療、一般・消化器外科)
精神科医(兼任) 松本 裕史
精神科医(専任) 1名 交代制
麻酔科医(兼任) 大岩 彩乃
(日本ペインクリニック学会専門医)
看護師(専従) 清水 あさみ
(緩和ケア認定看護師)
看護師(専任) 梅澤 志乃
(精神看護専門看護師(リエゾン))
看護師(兼任) 祖父江 由紀子
(がん看護専門看護師・リンパ浮腫療法士)
看護師(兼任) 下条 奈己
(がん性疼痛看護認定看護師)
薬剤師(専任) 西尾 早百合
臨床心理士(兼任) 鷲塚 浩二
栄養士(専任) 神山 薫(管理栄養士)
理学療法士(兼任) 三田 乃理子
理学療法士(兼任) 小椋 遼治
歯科衛生士 久保田 玲子

活動内容

緩和ケア外来

  • 月~木曜日(祝日除く)に1号館3階「緩和ケア診察室」にて外来診療を行います。

コンサルテーション

  • 毎日/ 依頼を受けた患者さんの病棟へ伺います。
  • 毎週月曜日午後/ 緩和ケアセンターの多職種メンバーが回診します。

緩和ケアセンターカンファレンス

  • 毎週月曜日午後/ 緩和ケアセンターメンバーで行います。
  • 毎週火曜日午前/ 地域医療支援センターのメンバーと行います 。

運営会議

  • 毎月1回運営会議を緩和ケアセンターメンバーで行います。

教育

① 医療者の教育
 
  • 緩和ケア研修会
  • 緩和ケア公開セミナー(年数回)
    大森病院以外の方も参加できます。
    詳細は緩和ケアセンターのホームページをご覧ください。
  • 緩和ケアリンクナース(がん看護係)
    がん看護専門部会と連携してリンクナースの育成をしています。

関連リンク