患者さんの"いのち"を守るこころづよい相談相手として
医局ニュース
東邦大学医療センター大森病院循環器内科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 循環器内科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

Vo11 最近のトピックス7

最新のカテーテル検査室で、より低侵襲な血管内治療の提供

当院には心血管カテーテル治療を行うカテーテル装置が2台ありますが、2018年5月に1台の装置の入れ替え工事を行い、6月より稼働しております。Philips社製の最新機器であり、日本での導入は初めてとなります。従来の装置より、画像が鮮明となっただけでなく、放射線量もかなり低減されております。また、装置の入れ替えに伴い、Bayer社製の心血管造影用インジェクターも導入されましたため、以前と比較し造影剤量の低減も可能となりました。
より複雑な病変にも対応出来るのはもちろんの事、手技時間の短縮も可能となりました。既に導入されている海外施設からは手技時間が17%低減されたとの報告もあります。
昨年当院では、冠動脈カテーテル検査893件、冠動脈カテーテル治療352件、下肢動脈治療120件施行致しました。この10年前と比較すると、冠動脈カテーテル検査約200件、冠動脈、下肢動脈カテーテル治療はそれぞれ約100件の増加を認めております。今後も、カテーテル検査、治療の需要は増大していくと考えられます。最新のカテーテル装置及び、心血管造影用インジェクターの導入により、より多くの検査、治療への対応が可能となりました。更に放射線被曝量や造影剤量といった、患者さんへの侵襲もより低減されました。従来低侵襲のカテーテル検査、治療ですが、これらの装置を使い、より低侵襲の検査、治療を目指していきたいと思っております。

文責:循環器内科 医局長