患者さんの"いのち"を守るこころづよい相談相手として