患者さんの"いのち"を守るこころづよい相談相手として

心臓(冠動脈)CT検査について

健常者における心臓(冠動脈)CTの立体像

CT検査は体の断層像を撮影する検査です。
息を止めて、腕から造影剤を注射することにより、心臓を栄養する冠動脈を描出することができます。
健常者における心臓(冠動脈)CTの立体像

胸痛のため来院した狭心症例

心臓(冠動脈)CT検査で 左冠動脈にプラーク病変と狭窄を認めた

通勤中に胸部痛が頻回に出現する65歳男性の狭心症患者の冠動脈CT像です。 血管が細くなっている所が、冠動脈狭窄病変を示します。(⇒)
3D
3D
冠動脈狭窄病変は、黒色のプラークにより血管が細くなってます。(⇒)
冠動脈CTは30分前後でできる外来検査のひとつです。
Curved-MPR,vessel analysis
Curved-MPR,vessel analysis