こどもとご家族の心に寄り添って
チャイルド・ライフ・スペシャリストの一日
関連リンク

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

概要

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)
チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)は、子どもとご家族の心に寄り添い、子どもが本来持つ好奇心と頑張れる力を上手く引き出しながら、子どもとご家族が入院・闘病中に抱える不安や精神的負担を最小限にできるように努めます。そして、医療環境においても、以下の「こども憲章」に書かれているような小児医療を提供します。

こども憲章

こども憲章
  1. こどもは、安心できる医療環境の中で、適切で安全な医療を受けられます。
  2. こどもは、年齢や理解度に応じて、病気やケガを治すために必要な治療の説明を受け、医療者は、病気やケガの治療に立ち向かう力を引き出せるように努めます。
  3. こどもは、不必要な入院、検査や処置が行われないように守られています。
  4. こどもの身体的・心理的・社会的苦痛が可能な限り軽減するように、医療者は最大限の努力をします。
  5. こどもは、入院中もこどもらしく生活し、年齢や症状に合わせて、遊びや教育を受ける機会も守られています。
  6. こどもや保護者のプライバシーは常に最重要事項の1つです。「知る権利」だけではなく、「知りたくない権利」、「知られたくない権利」が日々の診療で尊重されます。
  7. こどもと保護者は、研究への協力を求められた場合には、完全な自由意思で協力するかどうかを決めることができます。(大学病院の責務を果たすために、医療者が研究目的と方法を十分に説明の上、研究参加への協力をお願いすることがあることはご理解下さい。)
  8. こどもと保護者は、十分に説明を受けた上で治療の選択や意思決定ができます。また、治療開始前・治療中・治療後のどのタイミングでも、自分の診療について、診療記録の開示を求めたり、他院の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求めたりすることができます。