こどもとご家族の心に寄り添って
関連リンク

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

病棟行事・イベント活動報告 12月号

小鳥のペインティング教室(2010年12月8日)

財団法人民間放送教育協会主催、独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業の一環として、日本バードカービング協会会長、野鳥彫刻家・木象嵌師の内山春雄先生と、財団法人日本鳥類保護連盟(岡安栄作氏)にご指導・ご協力頂き、小鳥のペインティング教室を開催しました。

 

子ども達は、いろいろな小鳥の写真から、作りたい鳥を1つ選びます。
「こんな鳥いるの?!見たことない~!」「ツバメにしようかな?」「これきれい!」「これは難しそうだなぁ~!」などと、みんなどれにしようかと悩みながら、気に入った見本の鳥を決定!その鳥について内山先生からも簡単な説明を受けます。

 

最近の子ども達はどんな鳥を見たことがあるのか?!子ども達に聞いてみると・・・。 「スズメ」、「カラス」、「ハト」、「カモメ」、「ツバメ」という答えでした。
ゴミをあさっているカラスの話や、駅のツバメの巣の話、ハトの多さと鳥のフンの話など、何だか時代を感じる話が続きます。。^^
鳴き声だけではウグイスの真似をできる子どもはいましたが、あまり野鳥や珍しい鳥などを目にする機会は少ないようですね。。

 

羽と体、固定する棒と板をボンドで組み立て。それから色付けを開始です!
子ども達は初めはどうやって塗ろうかと戸惑いながらも、内山先生に塗り方のヒントやアドバイスをもらったり、褒めてもらいながら塗り始めました。見本の写真を見ながら、集中して完成させることができました!
それからが、驚きの秘密シールが登場!その鳥の名前の書かれたシールを貼って、棒のような太いタッチペンのような器械を当てると、「チュチュチュ。チュンチュン♪」その鳥について説明する音声と鳴き声が聞こえるのでした!
みんなびっくり!☆こんな鳴き声なの?!へぇ~!などなど。いろいろな鳥の鳴き声も学べる時間となりました。
小鳥のペインティング教室
小鳥のペインティング教室

クリスマス会(2010年12月15日)

今年もこの時期になると子ども達も少しソワソワ、ワクワク♪
「病院にもサンタさん来てくれるかなぁ~?!」「来てくれるでしょう?!」
もちろん病院にもサンタさんはやってきます!☆

クリスマス装飾飾り菓子作成(12月14日)

クリスマス会前日には、栄養部のスタッフ(中西さん)のご協力により、装飾飾り菓子にデコレーションするクッキー作成の時間を頂きました。
お菓子のクリスマスツリーに飾るために、モミの葉、ベル、ハート、キャンドル、クリスマスツリー型などいろいろな形のクリスマスクッキーを焼いて来てくれました。その上に子ども達がカラフルなシュガーコーティングを塗って楽しみました!☆
乾いたら、クリスマスツリーの上に貼りつけていき完成!
明日、どんなクリスマス装飾菓子が完成して登場するのかを楽しみにしての終了です。
クリスマス会
クリスマス会

クリスマス会当日(12月15日)

ボランティアの方々のコーラスでクリスマスソングを聞いて歌って♪
まずはクリスマス気分を盛り上げて頂きました。
そして、クリスマスリースをみんなで作ってお部屋用飾りの完成です。 前日にデコレーションクッキーを作ったクリスマス装飾飾り菓子も登場! アンパンパン、バイキンマンの横に可愛くきれいに飾られていました ☆☆☆ 

 

お部屋に戻り、美味しい特別クリスマスケーキおやつとサンタさんの登場! 病院に入院する子ども達みんなにもクリスマスプレゼントが届きました!☆
クリスマス会当日
クリスマス会当日
クリスマス会当日