こどもとご家族の心に寄り添って

遊びを通じた発達支援と医療環境への適応支援

 


子どもたちは日々成長発達する存在であり、医療環境においても、できる限り
その子なりのペースで成長発達が妨げられないように支援され、子どもの権利は守られなければなりません。 
入院生活が始まるその日から、子どもたちが医療環境に早く慣れて適応し、
同室の子どもたちと一緒に遊んだり、友達になれるようにサポートします。
そして、医療環境内においても、子どもたちの日常性を大切にしながら、日々の子どもたちの状況に応じて、ベッドサイドでの個別遊びや、デイルームやプレイルームでの集団遊び、アクティビティーの提供を行います。また、子どもとの日々の関わりや、遊びとコミュニケーションを通じた情報収集とアセスメントを行い、個々の子どもに必要な介入支援や発達支援なども行います。