こどもとご家族の心に寄り添って

診断や説明(手術・検査・処置など)にともなう心理社会的支援

子どもとご家族が病気と向き合い、病気や病状などを理解・把握した上で闘病できるように、多職種で連携してサポートを行います。医師からご家族や子どもへの説明に同席したり、ご家族への心理社会的支援を行います。また、子どもの年齢や認知発達・理解度に応じた子ども向けの補足説明を行い、子ども自身がどのように話を理解したのかを確認し、誤解や疑問が残らないようにサポートします。 
そして、子どもへの病名・病状告知における支援や告知前後の精神的な支援も行います。ご家族や子どもが必要とする場合は、医師に連絡・相談して、医療者からの説明やお話ができるように調整します。