患者さんへ

メニュー

光線外来

主に尋常性乾癬症と、皮膚リンパ腫の菌状息肉症に対して、紫外線療法を行う外来です。
2011年に導入した「全身型ナローバンドUVB照射器」を用いて、ほんの数分間、治療が必要な部位に紫外線を照射します。
患者さんは立ったまま施術を受けることができ、照射時間は全身でわずか1~2分程度と、治療が簡便かつ短時間で済むのが利点です。外用剤や内服薬による治療だけではなかなか改善されない症例でも、紫外線照射を併用することで改善されるケースは多く、患者さんからのニーズも高い治療法のひとつとなっています。
重症の場合は入院して毎日照射することが必要となりますが、基本的には症状に合わせて週1回~月1回ぐらいのペースで調整していきます。
また、照射する範囲が狭い患者さんの場合は、専用の照射器を備えている地域の病院や診療所をご紹介しています。
診察日 担当
火曜日 午後 小原 芙美子
水曜日 午後 布井 春佳
木曜日 午後 加藤 寿香
金曜日 午後 漆畑 真理

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 皮膚科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)