トップページ > 栄養サポートチーム > 他チームとの連携
第17回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会
NST専門療法士実地修練について
東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター 関連リンク
東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター メディア掲載情報

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 栄養治療センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

他チームとの連携

 
院内にはNST同様、栄養治療センターに属する嚥下対策チーム、別組織として褥瘡対策チーム、緩和ケアチームなどが存在し、連携して活動しています。各チームは多職種で構成され、嚥下対策チームには摂食嚥下認定看護師や言語聴覚士、褥瘡対策チームには皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCナース)、緩和ケアチームには緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、がん性疼痛看護認定看護師、緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師が所属しています。
嚥下機能に障害がある場合、経口的に十分な栄養を摂取することが困難なケースも多く、補助的な栄養法が必要となります。また、褥瘡などの創傷治癒過程においてもプラスαの栄養補給が必要と言われています。さらに緩和ケア領域においても摂取しやすい食事内容や栄養量の検討など栄養管理の重要性は言うまでもありません。